2021年1月19日のニュース一覧

2021年1月19日(火) 18:48 [社会・全般]

【速報】県、緊急事態宣言を発出 2月7日まで

 玉城デニー知事は、新型コロナウイルスについて、県独自の緊急事態宣言を発出した。20日から2月7日まで。


 玉城知事は、会見で「離島との不要不急な往来は自粛をお願いする」と述べた。飲食店などへの時短要請は、午後8時までとし、対象地域を県全域に拡大した。

2021年1月19日(火) 16:54 [社会・全般]

【速報】新型コロナ 19日、宮古地区の新規感染5人(県全体113人)

 県は19日、新型コロナウイルスで、県関係で113人の新規感染を確認したと発表した。このうち、宮古地区での新たな感染は5人だった。


 県によると、宮古病院に入院している新型コロナ感染者数は、中等症10人、軽症10人の合計20人。

2021年1月19日(火) 09:00 [政治・行政]

「市民への約束、実現」/座喜味氏

開かれた行政へ決意/初当選から一夜明け抱負


市長選で初当選を果たした座喜味氏。一夜明け、宮古毎日新聞が報じた選挙結果に笑顔を見せる=18日、平良西里の座喜味一幸選挙事務所

市長選で初当選を果たした座喜味氏。一夜明け、宮古毎日新聞が報じた選挙結果に笑顔を見せる=18日、平良西里の座喜味一幸選挙事務所

 17日に投開票された宮古島市長選挙で初当選を果たした座喜味一幸氏(71)は当選から一夜明けた18日、マスコミのインタビューに応じ、抱負を語った。座喜味氏は「市民の市政刷新の声が強かった。この選挙を落としてはいかんというプレッシャーの中での選挙戦だった」と振り返り、「市民パワーに感謝する。市民に約束したことをしっかりと実現しようという決意だ」と述べた。「市役所の敷居は低くするための視線は大事にしたい」と述べ、開かれた行政運営に取り組む考えを示した。

(全文を表示…)

2021年1月19日(火) 08:59 [産業・経済]

ハーベスター フル稼働/サトウキビ

天候に恵まれ各地で/今期機械刈り比率は93%


天候に恵まれフル稼働しているハーベスター=18日、城辺長間

天候に恵まれフル稼働しているハーベスター=18日、城辺長間

 2020-21年産サトウキビの機械刈りが順調に進んでいる。ここ1週間ほど天候に恵まれ、ハーベスターが各地でフル稼働している。宮古地区ハーベスター運営協議会によると、申請段階における今期機械刈りの比率は過去最高の93%に達している。

(全文を表示…)

2021年1月19日(火) 08:58 [社会・全般]

県立3校を花で彩る/県花き園芸協

消費喚起をアピール


学校事務室前に展示されたフラワーアレンジメント。生徒の目を楽しませている=18日、宮古工業高校

学校事務室前に展示されたフラワーアレンジメント。生徒の目を楽しませている=18日、宮古工業高校

 新型コロナウイルス感染症対策の一環で、市内の県立学校3校にフラワーアレンジメントが設置されている。県産の花々が校内を色彩豊かに彩っている。

(全文を表示…)