2021年1月26日のニュース一覧

2021年1月26日(火) 19:42 [社会・全般]

緊急事態、移動を制限 最多34人の感染で座喜味市長

 新型コロナ 島外との往来や旅行自粛求める

新型コロナの感染拡大を踏まえ、市民に不要不急の外出自粛を求める座喜味市長=26日、市役所

新型コロナの感染拡大を踏まえ、市民に不要不急の外出自粛を求める座喜味市長=26日、市役所

 宮古島市における1日当たりの新型コロナウイルス感染者が過去最多の34人に上ることが26日、県の発表で分かった。これを受けて座喜味一幸市長が同日午後に会見を開き、「宮古は危機的状況だ」と事実上の緊急事態を宣言。島外を往来する市民および来島者や帰省客に対し「不要不急」の文言を外す強い言葉で移動の自粛を求めた。逼迫(ひっぱく)する医療体制にも触れ、「コロナ対策で救える命が救えない事態にならないよう市民の協力をいただきたい」と強調した。


 会見は市役所内で開かれた。冒頭、座喜味市長が市内の感染状況を報告。人口10万人当たりの1週間の感染者数は25日時点で98・94人、26日の34人を含むと151人に達するとした。緊急事態宣言が発出されている東京都の56・40人、沖縄県の40・54人と比べて「はるかに高い数字だ」と市民に危機感の共有を求めた。

2021年1月26日(火) 15:51 [社会・全般]

【速報】新型コロナ、26日 宮古島市の新規感染34人か 

 県は26日、新型コロナウイルスで、県関係で84人の新規感染を確認したと発表した。このうち、居住地が宮古島市となっている新規感染者は34人だった。


 宮古島市では1月に入って感染が急速に拡大している。1月単月で、新規感染者は136人。


 県によると、宮古島市の直近1週間当たり(1月19日から25日)の新規感染者数(人口10万人当たり)は109.84人で、県全体平均(40.50人)の2.71倍、全国で最も高い東京都(56.03人)の1.96倍となっている。


 また、県は宮古での感染確認増を受け、宮古地区でも自宅療養の導入に踏み切った。宮古での療養状況は、県立宮古病院に入院中37人(中等症23人、軽症14人) 、民間医療機関に入院中10人 、宿泊施設療養中18人 、入院調整中37人(自宅療養者含む)。

2021年1月26日(火) 09:00 [地域・暮らし]

「院内感染のリスク高まる」/コロナ病床が満床状態

行政に「都市封鎖似た政策」要請/本永宮古病院長


一般外来の休止を説明する本永院長=25日、宮古病院

一般外来の休止を説明する本永院長=25日、宮古病院

 新型コロナウイルス感染が市内で拡大し、感染者の入院患者が急増している県立宮古病院は26日から一般外来を休止する。昨年4月から実施している電話診療は従来通り継続し、医師が必要と判断した場合のみ一般外来で対応する。休止は2月1日まで。救急診療は受け入れる。

(全文を表示…)

2021年1月26日(火) 08:59 [政治・行政]

市民目線の市政運営に決意/座喜味市長

就任式で職員に訓示


就任あいさつで決意を述べる座喜味市長=25日、市役所

就任あいさつで決意を述べる座喜味市長=25日、市役所

 第5代市長となった座喜味一幸市長の就任式が25日、市役所で開かれた。各部課長らが多数参加して新市長の就任あいさつに聞き入った。座喜味市長は「市民と一体となって宮古のあすを開いていこう。先頭に私が立ち、粉骨砕身の働きを見せたい」と強調した。

(全文を表示…)

2021年1月26日(火) 08:58 [産業・経済]

養殖モズクを初収穫/西原生産グループ

品質上々、高値に期待


初収穫されたモズク=25日、平良の大浦船だまり

初収穫されたモズク=25日、平良の大浦船だまり

 宮古島漁業協同組合に所属する西原モズク生産グループの池田博次さん(67)が25日、2021年産の養殖モズク1・3トンを初収穫した。キロ単価は決まっていない。平年並みの上々の品質で、幸先良いスタートを切った。

(全文を表示…)