「地域・暮らし」 2021年2月のニュース一覧

2021年2月27日(土) 08:58 [地域・暮らし]

収穫した野菜でカレー/下地小5年生

JA共催の地域貢献活動


JA共催の食農活動の一環で、児童たちが栽培、収穫した野菜を使ったカレー作りに挑戦した=26日、下地小学校

JA共催の食農活動の一環で、児童たちが栽培、収穫した野菜を使ったカレー作りに挑戦した=26日、下地小学校

 JA共催の地域貢献活動(食農活動)の一環として、JAおきなわ宮古地区青壮年部下地支部と同女性部下地支部は26日、下地小学校で同校5年生27人と一緒に児童が栽培、収穫した野菜を使ったカレー作りを行った。

(全文を表示…)

2021年2月26日(金) 08:58 [地域・暮らし]

餅作りに大忙し/旧十六日祭のお供

えあんこたっぷり伝統の味


旧十六祭に向け餅のパック詰めが大忙し=24日、伊良部

旧十六祭に向け餅のパック詰めが大忙し=24日、伊良部

 27日の旧十六日祭(ジュウルクニツ)に向け、宮古各地では24日、先祖にお供えする伝統の餅作りが本格し、餅のパック詰め作業で大忙しとなっている。

(全文を表示…)

2021年2月25日(木) 08:58 [地域・暮らし]

猫の手も借りたい?/手刈り農家も奮闘

キビ刈り眺めのんびり


この時期「猫の手も借りたい」サトウキビ農家と、それを「われ関せず」と見守る猫=24日、市内

この時期「猫の手も借りたい」サトウキビ農家と、それを「われ関せず」と見守る猫=24日、市内

 キビ刈りシーズン真っただ中、島の農業の主役・サトウキビ生産は近年機械化が進みハーベスターによる収穫が進んでいる。しかし、従来通りの「手刈り」で収穫する風景もこの時期、島の風物詩の一つだ。

(全文を表示…)

2021年2月24日(水) 08:59 [地域・暮らし]

「広々として開放感」「職員との距離遠い」/高評価、不満さまざま

開庁1カ月余で市民の声/市役所新庁舎


市役所全景(写真上)、市役所1階ロビー(写真下)

市役所全景(写真上)、市役所1階ロビー(写真下)

 市役所新庁舎の開庁(1月4日)から1カ月余り。市町村合併以降続いていた分庁方式を無くし、窓口業務などを統合した庁舎は3階建て、総事業費は約118億円を掛けた。来庁者からは「広々として開放感がある」「駐車場が広い」と評価する声がある一方で、「広すぎてどこに行けばいいのか分からない」「窓口カウンターから職員の距離が離れすぎ」などと不満の声も上がる。市民課窓口には1日平均280人(発券利用者のみ)の市民が訪れている。快適な市民生活をサポートする市役所。来庁者の声を拾った。

(全文を表示…)

2021年2月24日(水) 08:58 [スポーツ, 地域・暮らし]

トラック改修工事が完了/来月には利用再開

市陸上競技場 


トラック改修工事を終えた市陸上競技場=23日、平良東仲宗根

トラック改修工事を終えた市陸上競技場=23日、平良東仲宗根

 市陸上競技場の改修工事がこのほど完了した。新型コロナウイルスに係る県の緊急事態宣言の解除と工事完了検査の実施を前提に3月の早いうちには一般利用が再開される見通しだ。

(全文を表示…)

2021年2月21日(日) 08:59 [スポーツ, 地域・暮らし]

下地博子さんらを表彰/20個人5団体たたえる

島のスポーツ振興に貢献/市スポーツ協会


宮古スポーツ振興表彰を受賞した優秀競技者賞の下地さん(前列中央左)と優秀指導者賞の砂川さん(前列左)、佐久川さん(前列右)。前列中央右は砂川会長=20日、市総合体育館

宮古スポーツ振興表彰を受賞した優秀競技者賞の下地さん(前列中央左)と優秀指導者賞の砂川さん(前列左)、佐久川さん(前列右)。前列中央右は砂川会長=20日、市総合体育館

 2021年宮古スポーツ振興表彰式(主催・市スポーツ協会)が20日、市総合体育館で開かれた。第31回県グラウンドゴルフ夏季大会女子個人の部で優勝した下地博子さん(81)ら20個人と5団体を表彰。市のスポーツ振興発展への高い貢献をたたえた。(12面に関連)

(全文を表示…)

2021年2月18日(木) 08:59 [地域・暮らし, 社会・全般]

子育てに不安や悩み/コロナ禍で増える

市「孤立しないで相談を」


孤立しがちなコロナ禍の子育て。行政や地域の積極的なサポートも必要となっている(写真はイメージ)

孤立しがちなコロナ禍の子育て。行政や地域の積極的なサポートも必要となっている(写真はイメージ)

 新型コロナウイルス感染拡大による度重なる緊急事態宣言や求められる自粛の日々は、各方面にいろいろな影響を及ぼしている。その一つが子育て世代の保護者だ。コロナ禍の中で周囲のサポートは限定的となり、孤立してしまいがちな親たちの心身に与える影響は深刻だ。市保健センターに寄せられる相談も今年度はその約2割がコロナ関連だという。市では不安や悩みがある場合は1人で抱え込まず、積極的な相談を呼び掛けている。

(全文を表示…)

2021年2月13日(土) 08:58 [地域・暮らし]

コロナ禍、静かな旧正月/「来年は盛大に」大漁旗に願い

佐良浜、池間島


コロナ禍の静かな旧正月となったが大漁旗は、風を受けて力強くはためいた=12日、佐良浜漁港

コロナ禍の静かな旧正月となったが大漁旗は、風を受けて力強くはためいた=12日、佐良浜漁港

 旧暦1月1日に当たる「旧正月」の12日、新型コロナウイルス感染拡大防止が叫ばれる中、例年は盛大に祝う佐良浜や平良の池間島などでは静かな旧正月となった。前日の風雨から一転し、港では風を受けた大漁旗が力強くはためいたが、その数は少なく佐良浜漁港にいた漁師からは「自粛の旧正月は寂しいね」との声が聞かれた。

(全文を表示…)

2021年2月12日(金) 08:58 [地域・暮らし, 社会・全般]

きょう「旧正月」/コロナで大漁旗なく

悪天候もあってか漁船には大漁旗は見られなかった=11日、佐良浜漁港

悪天候もあってか漁船には大漁旗は見られなかった=11日、佐良浜漁港

 12日は旧暦1月1日に当たる「旧正月」。伊良部島の佐良浜や平良の池間島などでは、例年ならば漁船に鮮やかな大漁旗を掲げ、祝宴が開かれるなど盛大に祝う。今年は新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から静かな旧正月になりそうだ。家族のみで旧年中の無事に感謝しながら向こう一年間の航海安全、豊漁を祈願する。

(全文を表示…)

2021年2月11日(木) 08:59 [地域・暮らし]

「今年は静かな旧正を」/コロナ禍 漁師に行動自粛呼び掛け

伊良部漁協組合長


静かな旧正月を呼び掛ける伊良波組合長=10日、伊良部漁協

静かな旧正月を呼び掛ける伊良波組合長=10日、伊良部漁協

 2月12日は旧暦1月1日に当たる「旧正月」。伊良部の佐良浜や平良の池間島などでは、古くから旧暦を重んじ、漁船に鮮やかな大漁旗を掲げて盛大に祝う。多くの漁師宅では、盛大に祝宴が開かれ友人や親戚らが、祝い酒を酌み交わしながら交流を深めるが、今年は新型コロナウイルスに係る県独自の緊急事態宣言下での旧正月となり、漁師たちにも自粛が呼び掛けられている。

(全文を表示…)

2021年2月10日(水) 08:59 [地域・暮らし]

弁当求め職員どっと/売店ずらり 市民にも人気

市役所新庁舎


昼食時間帯は職員や来庁者、周辺施設の関係者らでにぎわっている弁当の販売エリア=9日、市役所

昼食時間帯は職員や来庁者、周辺施設の関係者らでにぎわっている弁当の販売エリア=9日、市役所

 市消防本部の北側に新しい市役所庁舎が1月4日に開庁して業務をスタートさせたが、周辺に飲食店が少ない環境の中で職員にとって、悩みの一つが昼食だった。しかし、開庁から1カ月が経過し、庁舎敷地内に設けられた弁当の販売エリアには昼食時間帯になると弁当などを販売する民間の売店が並び、昼食を求める職員や来庁者でにぎわっている。

(全文を表示…)

2021年2月10日(水) 08:58 [地域・暮らし]

花で牛の顔、今見頃/コロナ終息にも願い込め

市熱帯植物園


ベゴニアとマリーゴールドで描かれた色彩豊かな牛の顔の花絵が見る者を楽しませている=9日、市熱帯植物園

ベゴニアとマリーゴールドで描かれた色彩豊かな牛の顔の花絵が見る者を楽しませている=9日、市熱帯植物園

 1月末からの島内での新型コロナウイルスの急速な感染拡大を受けて休園となっていた市熱帯植物園がこのほど再開となり、昨年末から年明けにかけて市みどり推進課が設置した「丑(うし)年」にちなんだ花文字と牛の顔の花絵が見頃となっている。

(全文を表示…)