2021年7月6日のニュース一覧

2021年7月6日(火) 17:51 [未分類]

【速報】新型コロナ6日、宮古島市は陽性2人(速報値)

 県関係全体62人


 県は6日、新型コロナウイルスで、県関係で62人の新規感染者を確認したと発表した。宮古島市での新たな感染者は2人だった。


 直近1週間の新規感染者数(人口10万人当たり)は県平均28.31人で全国2位。全国1位は東京都29.34人。


 宮古島市の人口10万人当たり数値は14.65人。感染者累計は935人(島外で感染判明の市在住者5人含む)


2021年7月6日(火) 09:00 [社会・全般]

1カ月で725人利用/2空港でのPCR検査

陽性者2人検出


宮古空港に設置されたPCR検査会場

宮古空港に設置されたPCR検査会場

 新型コロナウイルスの感染を調べるPCR検査が宮古空港と下地島空港で開始され、2日で1カ月が経過した。運営する沖縄PCR検査センターがまとめた検査数によると、両空港で計725人が利用し、このうち県内在住者が608人(84%)だった。両空港でそれぞれ1人の計2人の陽性者が検出された。

(全文を表示…)

2021年7月6日(火) 08:59 [社会・全般]

供給量不足、市にも影響/新型コロナワクチン

接種計画 後ろへずれ込む可能性


 新型コロナウイルスのワクチン供給量の不足が懸念されている。市は8月中旬までに1万5210回分のワクチン搬入を希望していたが、現時点での確定量は5850回分にとどまるという。これ以降の搬入数量は見通せていない。64歳以下の一般接種で、8月中旬までに打つ人のワクチンは確保できているが、今後の供給量次第では、9月末に希望者全員に打ち終えるという接種計画が後ろにずれ込む可能性もある。

(全文を表示…)

2021年7月6日(火) 08:58 [地域・暮らし]

サメに注意!看板設置/パイナガマビーチ

目撃情報で沖合遊泳禁止


サメ目撃と沖合での遊泳禁止を伝える看板=5日、パイナガマビーチ

サメ目撃と沖合での遊泳禁止を伝える看板=5日、パイナガマビーチ

 パイナガマビーチの沖合でサメの目撃情報があったとして、市港湾課は5日、同ビーチ沖合での遊泳を禁止し、注意喚起の看板を設置した。同課は「危険なので沖合は絶対に泳がないこと。海で遊ぶ際には防護ネット内でお願いしたい」と呼び掛けた。

(全文を表示…)

2021年7月6日(火) 08:57 [求人情報]

6日の求人情報

6日の求人情報

6日の求人情報