08/17
2022
Wed
旧暦:7月20日 友引 壬 
社会・全般
2009年9月20日(日)13:39

2009年 9月14日~9月19日

移転後の宮古病院跡地が最多/新図書館建設地
 今月5日に開かれた「新しい図書館を考える市民フォーラム」の実行委員会はこのほど、同フォーラムの参加者を対象にしたアンケート結果をまとめた。それによると図書館の建設場所は「移転後の宮古病院跡地」が最多で、以下「宮古郵便局西側」「カママ嶺公園」となった。(9月14日掲載)
 
島内外から180人参加/JTAカップゴルフ
 第3回全宮古島シニア・レディースゴルフ大会~JTAカップ~が12日、下地のエメラルドコーストゴルフリンクスで開かれた。宮古から141人、八重山29人、沖縄本島10人計180人が参加。シニアの部で下地昌鉄さん、ミッドグランドシニアの部で小浜致市さん、グランドシニアの部で仲間俊雄さん、レディースの部で上里悦子さんが優勝した。
(9月14日掲載)
 
不納欠損額は8150万円/08年度市税
  2008年度市税で、宮古島市に収納する権利が消滅する「不納欠損」は総額で8150万円に上ることが同年度一般会計歳入歳出決算書で分かった。滞納者に財産がなく、5年間差し押さえすることができずに「時効」となったのが6割以上を占めた。残りの約4割は生活困窮者や財産不明などだった。
(9月15日掲載)
 
肉加工施設が稼働/たらまピンダ事業
 多良間村の「たらまピンダ島おこし事業」で今年3月末に完成したヤギ肉加工施設が、製品の試作を経て8月から本格稼働を開始した。現在出荷している製品は、真空パックのヤギ汁と刺し身、汁用生肉の3種類。同施設を管理運営する「たらま農産」の知念正勝社長は「注文が徐々に増えて、製造が追い付かない」とうれしい悲鳴を上げている。
(9月15日掲載)
 
ホテル売却先を再選定へ/マリン社取締役会
 宮古島マリンターミナル社は、ホテル棟譲渡に向けルートインジャパンと締結していた基本合意の解約を受けて15日、臨時取締役会を開き、売却先の再選定手順や、条件などを話し合った。売却先の選定は、透明性を確保するために、公募による入札で行う方針を決定。入札参加の条件には、宴会場の維持などを付けた。売却先決定は、年度内を目指す。
(9月16日掲載)
 
漲水、あけぼの学園全面改築へ/11年度完成予定

 建物の老朽化が進む漲水学園とあけぼの学園で、県社会福祉事業団が2011年度完成をめどに全面改築を行うことが分かった。これに伴い、知的障害児の支援機能を有する施設も整備し、障害児支援サービスを充実させる。15日には情報交換会が開かれ、関係機関の職員が建物改築に伴うサービス向上に向けて議論を深めた。
(9月16日掲載)
 
少雨傾向干ばつ懸念/宮古島地方
 8月中旬から続く少雨の影響で、干ばつが懸念されている。春植えサトウキビや、この夏に植えた新植の生育に大きなダメージを与えかねない状況だ。各地でスプリンクラーが稼動しているが、かんがい施設がない地域の対策が急がれる。
(9月17日掲載)
 
「職場での声掛けが 大切」労働衛生大会
 宮古地区労働衛生大会が16日、市中央公民館で行われた。事業主や労働衛生管理者らが参加、全国的な自殺者の増加を背景に、職場における心の健康対策に意識を高めた。日本医師会認定産業医でうむやすみゃあす・ん診療所の竹井太院長が講話。職場での普段の声掛けの積み重ねが早期発見・加療への一歩とし、「相手の話を傾聴する」ことを決め手に挙げた。
(9月17日掲載)
 
バイク30分短縮を承認/トライ実行委総会
 第26回全日本トライアスロン宮古島大会の実行委員会総会が17日、市内のレストランで開かれ、バイク競技の制限時間を30分短縮し、参加資格の上限を歳までとする大会要綱や歳入歳出案などが承認された。大会は4月18日に開催、今年10月1日から参加申し込みの受付を開始する。
(9月18日掲載)
 
植え付け始まる/冬春期野菜
 JA宮古地区管内で2009年度冬春期野菜の植え付けが、ゴーヤーを皮切りに始まった。島外に出荷している野菜8品目の販売額は、前期を7374万円(12%)上回る6億7302万円を計画。出荷は年末から、本格化する。台風の影響の少ない鉄骨ハウスでのゴーヤーの植え付けは、8月中旬に開始。パイプハウスでは、今週スタートした。
(9月18日掲載)
 
高里智樹が宮古新/高校男子棒高跳 
 陸上の第36回県高校新人大会が18日、沖縄コザ運動公園陸上競技場で行われ、男子棒高跳に出場した宮古工業2年の高里智樹が4㍍35の宮古新記録で2位に入った。自己記録を25㌢更新し1991年に宮古高校の下地美紀が記録した4㍍30を18年ぶりに更新した。(9月19日掲載)
 
秋の全国交通安全運動/関係者集い出発式
 今月21日から30日まで行われる2009年秋の全国交通安全運動の出発式が18日、市中央公民館で開かれ、関係22団体の関係者が参加し、地域連携で飲酒運転撲滅や高齢者、子ども、障害者など交通弱者を事故から守ろうと訴えた。
(9月19日掲載)


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月17日(水)17:18
17:18

宮古島関係の歴史をたどる in 沖縄本島 台湾遭害者之墓

 沖縄本島で、宮古島の歴史を感じることができる場所の1つが那覇市若狭にある「台湾遭害者之墓」です。   ☆関連記事 検証の必要性指摘 牡丹社事件/琉大公開講座(2015年7月26日配信)

2022年8月14日(日)8:59
8:59

宮古ブルーを満喫/家族連れで記念撮影

マリンスポーツも体験/盆休みの観光客   お盆休みを宮古島で過ごそうと、観光地やビーチは観光客でにぎわった。新型コロナウイルス感染収束が見通せない中、3年ぶりに制限行動のないお盆。天気にも恵まれた13日は、伊良部大橋を走るレンタカーが連なった。前浜ビ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!