08/08
2022
Mon
旧暦:7月11日 大安 癸 
社会・全般
2009年10月25日(日)14:45

2009年 10月18日~10月24日

にぎやかに練り歩く/ヤーマスプナカ
 子孫繁栄と島の豊作を祈願する下地来間島の伝統行事「ヤーマスプナカ」は2日目の17日、男性たちによる棒振りや女性たちの奉納踊りが集落内でにぎやかに繰り広げられた。郷友や観光客も大勢訪れ、島は祭り一色に包まれた。
(10月18日掲載)


 
クイチャー踊りパレードで盛況/ミャークヅツ 
 池間、佐良浜、西原のミャークヅツ2日目は17日、各地の聖地で行われた。「ヒヤサッサ」の掛け声とともに地域住民が伝統のクイチャーを踊り、五穀豊穣と子孫繁栄を祈願した。西原では男たちが練り歩くパレードも実施。住民や観光客らが見守る中、地域最大の行事は大盛況となった。
(10月18日掲載)
 
上野が総合初優勝/全宮古陸上競技大会
 第36回宮古体育大会の最終競技となる第64回全宮古陸上競技大会は18日、下地陸上競技場で行われ、各学区代表がトラック、フィールドの各種目で熱戦を繰り広げた。競技の結果、総合の部は上野学区が初優勝した。大会新記録は3。鏡原の高橋空が女子砲丸投、同円盤投の2種目で従来の記録を塗り替えた。
(10月19日掲載)
 
大橋に導水管を設置へ/第2期地下ダム
 沖縄総合事務局宮古伊良部農業水利事業所(江間敏介所長)は第2期地下ダム事業で、伊良部大橋に導水管を取り付ける工事を19日発注した。総事業費523億円のビックプロジェクトで、初の工事。ダムの着工は、来年夏ごろを予定している。
(10月20日掲載)
 
無料バスの運行白紙に/タクシー協会と協議
 20日から運行を予定していた宮古空港と市街地8カ所のホテルを結ぶリムジンバスの試験運行は、競合するタクシー協会から要望を受け白紙に戻すことになった。タクシー協会は、乗務員からリムジンバスの影響を懸念する声もあり19日、ホテル側に中止を要望。20日午後には、タクシー会社とホテルの代表らが会合を持ち意見交換した。
(10月21日掲載)
 
医療従事者にワクチン接種/新型インフル
 新型インフルエンザ用ワクチンの接種が20日、宮古で最優先とされる医療従事者を対象に始まった。救急医療を提供する宮古病院と宮古島徳洲会病院、市の救急隊員が接種を予定している下地診療所に第1便の国産ワクチンが到着した。妊婦や基礎疾患(持病)患者への接種は11月16日から始まる。
(10月21日掲載)
 
宮古病院建設予定地を視察/内閣府、国会議員ら
 内閣府沖縄振興局の中村裕一郎総務課事業振興室長は21日、新宮古病院の建設予定地(旧宮古農林高校グラウンド)を視察した。同局は、2010年度予算概算に同病院施設整備事業費を盛り込んでいる。下地敏彦市長は、予定地は駐車場確保や救急車の進入ルートなど懸念材料はクリアできるとし「とにかく早く新しい病院をつくってほしい」と現計画での建設を訴えた。
(10月22日掲載)
 
民放3局が開局先島地デジ/関係者集い祝賀会
 琉球放送、沖縄テレビ、琉球朝日放送民放3社の地上デジタル放送の本放送が先島地区で開始となった日、「宮古地区地上デジタル放送開局記念祝賀会」が市内のホテルで盛大に開催され、民放の地デジ放送開始とこれまで先島では放送されていなかったQABの放送開始で情報格差が是正されたことを関係者で祝った。
(10月22日掲載)
 
跡地での建設決定/下里公設市場
 第3回下里公設市場再開発検討委員会が22日、市役所平良庁舎で開かれた。各地域の審議会からは計画変更を求める声が出されたが、長濱副市長の提案を受け▽公設市場は必要▽建設場所は下里公設市場跡地▽現在の計画より規模を縮小▽イベント広場なども整備し、若者から高齢者までが集える宮古らしい施設を目指す―とする基本方針を決めた。
(10月23日掲載)
 
パーントゥ現る泥塗り厄払い/平良島尻
 国の重要無形民俗文化財に指定されている平良島尻地区の「パーントゥ」が日午後に始まった。泥を塗った3匹のパーントゥが集落内を練り歩き、地域住民らに泥を塗り付けて厄を払った。
(10月23日掲載)
 
粗暴犯が大幅増/9月末現在 
 宮古島警察署管内における9月末現在(暫定値)の粗暴犯が昨年同期に比べ大幅に増加している。「暴行」「器物損壊」「傷害」「住居侵入」の合計は60件で昨年同期の39件に比べ21件増加。特に、「暴行」と「器物損壊」の増加幅が大きく、暴行は10倍、「器物損壊」は62%増となった。同署によるとその多くが酒絡みで、酒社会宮古の問題点が数値で浮き彫りとなった。
(10月23掲載)
 
経済不況で財務悪化/宮古織物組合
 宮古島の織物従事者などで組織する宮古織物事業協同組合の臨時総会が23日、宮古伝統工芸品研究センターで開かれた。執行部は、後継者を担う研修生らの織り賃約500万円が未払いになっていることから、金融機関からの借入最高限度額1000万円を借り入れる議案を上程。双方は、借入金をめぐって紛糾し、次回臨時総会で継続審議することを決めた。
(10月24掲載)


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!