11/29
2021
Mon
旧暦:10月25日 仏滅 辛 
社会・全般
2009年11月8日(日)15:01

2009年 11月2日~11月7日

33団体が躍動 個性的な踊り/クイチャーフェス
 「声(くい)ゆ合(ちゃー)し 心(ぎぃむ)う合(ちゃー)し 宮古世(みやーくゆー)」をサブタイトルとする第8回クイチャーフェスティバル2009が1日、カママ嶺公園多目的広場で開かれた。今年は伝統の部、創作の部、その他の芸能の部、方言替え歌で合計団体、総勢約1400人が出演。この日のために練習してきた踊りを次々と披露した。
(11月2日掲載)


 
38人が立候補届出/宮古島市議選
 任期満了に伴う宮古島市議会議員選挙は1日告示され、現職23人、新人15人の合わせて38人が立候補を届け出た。それぞれの事務所で出発式を行った立候補者は、選挙カーで街頭遊説に飛び出し支持を訴え、市内は一気に選挙モードに突入した。
(11月2日掲載)
 
仲間克氏に農水大臣賞/全国土地改良大会
 第32回全国土地改良大会がこのほど、島根県で開催され、宮古土地改良区の仲間克理事長が最高賞に当たる農林水産大臣賞を受賞した。地下ダム事業導入に向けた活動が評価された。同賞の受賞は県内3人目。
(11月3日掲載)
 
宮古関係では5氏が受賞/秋の叙勲
 政府は3日、2009年秋の叙勲受章者4026人を発表した。県内受章者は47人。宮古関係では池間青昌さん(地方自治功労)、川満敏さん(弁護士功労)、平良賀計さん(保健衛生功労)、伊良皆春宏さん(教育功労)、久手堅矢素子さん(社会福祉功労)―の5氏が受章した。
(11月3日掲載)
 
歳入歳出一層の削減示す/10年度当初予算編成
 宮古島市は4日、職員を対象とした2010年度当初予算編成方針説明会を行った。総務部の砂川正吉部長や財政課の伊川秀樹課長は、市町村合併後に伴う特例の交付税約31億円の交付が16年までであることを強調。国からの交付税も減少が見込まれ、市の財政は厳しい状況にあるとした上で、財政見直しに取り組むよう求めた。
(11月5日掲載)
 
仲里君ら6人が最優秀賞/童話お話意見発表大会
 第43回宮古地区童話・お話・意見発表大会が3日、狩俣小学校など4会場で行われ、城辺小3年の仲里克樹君ら6人が最優秀賞に選ばれた。6人は月に沖縄本島で開催される県大会に宮古代表で出場する。地区大会では、各校の代表弁士が登壇。低学年児童は身ぶり手ぶりを交えて童話やお話の世界を表現した。
(11月5日掲載)
 
荷川取漁港に不法投棄/家庭ごみを大量に
 荷川取漁港にある宮古島漁協女性部の直売所だったプレハブ隣に、多数の不法投棄ごみが5日朝、確認された。家庭ごみを外部の者が運び込み投棄したと思われる。同漁協では「市民が食べる魚を扱う漁港にごみを捨てるとは信じられない」とモラルの低さを嘆いた。(11月6日掲載)
 
バイオエタノール実用化へ/りゅうせき
 サトウキビの糖蜜からE3燃料のバイオエタノールを生産する実証事業で、実用運転を視野に大規模な生産プラント(工場)の建設が下地の沖縄製糖東隣りで進められている。1日当たりの生産能力は、4㌔㍑(既存施設の約4倍)。完成は、来年2月を予定している。
(11月7日掲載)
 
市と防災協力の協定締結/琉球ジャスコ
 宮古島市と琉球ジャスコは6日、「災害時における被災者に対する防災活動協力に関する協定書」を締結した。今後、宮古で大規模災害が発生した場合、同社のマックスバリュ宮古南店と西里店が、食料や生活物資の供給、避難場所の提供などで市に支援・協力を行う。(11月7日掲載)


カテゴリー新着

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!