08/18
2022
Thu
旧暦:7月21日 先負 癸 
社会・全般
2010年1月6日(水)23:03

謝敷 正浩さん(83歳)(城辺字福里)

「今年は生まれ年」

謝敷 正浩さん(83歳)(城辺字福里)

謝敷 正浩さん(83歳)(城辺字福里)

 県猟友会宮古支部に籍をおいて約30年になる。その間10年ほど会長も務めた。1976年に狩猟の免許を取った。そのときすでに危険物取り扱い資格を持っていたので「よし、猟をやってみるか」というのがきっかけだった。当時買った猟銃を今も大切に使っている。
 
  猟の魅力は「獲物を撃ち落とした瞬間、何ともいえない快感があるところだ」という。獲物は友達を呼んで、酒を酌み交わしながら試食会をする。
 
 午前中2時間ぐらいは畑仕事。牛の餌用の草刈りなど農業も現役だ。元気な理由は「毎朝娘を仕事場に送っていくことかな」と笑う。
 今年は「生まれ年」。若い仲間も応援してくれるので、これからも事故を起こさないように、人に迷惑を掛けないように心掛け、猟を続けていきたいと話す。
 
 子ども7人、孫15人、ひ孫5人。1926(大正15)年4月23日生まれ。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月17日(水)17:18
17:18

宮古島関係の歴史をたどる in 沖縄本島 台湾遭害者之墓

 沖縄本島で、宮古島の歴史を感じることができる場所の1つが那覇市若狭にある「台湾遭害者之墓」です。   ☆関連記事 検証の必要性指摘 牡丹社事件/琉大公開講座(2015年7月26日配信)

2022年8月14日(日)8:59
8:59

宮古ブルーを満喫/家族連れで記念撮影

マリンスポーツも体験/盆休みの観光客   お盆休みを宮古島で過ごそうと、観光地やビーチは観光客でにぎわった。新型コロナウイルス感染収束が見通せない中、3年ぶりに制限行動のないお盆。天気にも恵まれた13日は、伊良部大橋を走るレンタカーが連なった。前浜ビ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!