08/14
2022
Sun
旧暦:7月17日 大安 己 
社会・全般
2010年5月24日(月)6:54

伊良部大橋/上部工1000㍍を達成

2013年開通へ前進/記念式・駅伝大会で祝う

平良側から1000㍍の地点にゴールする関係者ら=23日、平良側

平良側から1000㍍の地点にゴールする関係者ら=23日、平良側

 伊良部島-宮古本島間を結ぶ伊良部大橋の平良側上部工(道路部分)の距離がこのほど、1000㍍に到達し、伊良部大橋建設協議会(潮田博孝会長)は23 日、「1000㍍達成記念式」を同橋で開き、参加者約70人が、無事の達成を盛大に祝った。併せて、1000㍍地点を発着点とする記念駅伝大会が催され、選手らは、たすきに今後の順調な建設と無事故・無災害の願いを込めた。2013年に開通予定。  
 
 式では、発注者を代表して県宮古土木事務所の平良和雄所長が「伊良部大橋は平成18年の着工以来、工事は着々と進み、平成25年の開通を目指している。上部工1000㍍達成を喜びたい。記念駅伝大会では、マイペースで楽しんでいただきたい」とあいさつ。
 次いで同事務所の宜保勝主幹が大橋工事概要を説明した。
 引き続き平良所長らが、式典会場から1000㍍地点まで小走り、ゴールで「バンザイ」のポーズを披露した。
 
 この後、記念駅伝大会が実施された。7チーム、42人がたすきをつないで健脚を競った。一喜一憂の結果、宮古土木事務所ヤングチームが優勝した。 表彰状を手にした大宜見圭太さんは「先輩と後輩が力を合わせたチームワークで、優勝できた。駅伝中は、大橋の早期完成を願った」と振り返った。
 
 離島架橋の大橋は、総延長4300㍍。海中道路2本の計600㍍を除く上部は3700㍍。上部は1000㍍達成したことから、残りは2700㍍。橋の幅は8・5㍍。幅3㍍の車道が2車線、1・25㍍の路肩が左右に整備される。総事業費は320億円を見込む。国が9割、県1割の補助事業。
 
 供用が開始されると、通行料が無料の一般県道の大橋としては、全国一の長さとなる。
 

号砲一発で健脚を競う記念駅伝大会

号砲一発で健脚を競う記念駅伝大会


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月11日(木)8:57
8:57

2次交通不足解消に期待 実証運行スタート/ループバス

  宮古島の観光名所などを巡る宮古島ループバスの2022年度実証運行が10日、スタートした。来年2月28日まで。最近のレンタカー、タクシー不足による2次交通問題が深刻化していることに対応するもので観光客の移動手段確保などに期待がかかる。

2022年8月9日(火)8:58
8:58

毎週土曜に「シギラ花火」

夏の夜空を彩る/9月末まで   シギラセブンマイルズリゾートの「シギラ花火」が6日、上野宮国のシビラビーチ周辺で行われた。毎日暑い日が続く今年の夏。会場では観光客や地域住民が夜空を彩る花火を見ながら楽しいひとときを過ごした。 今年のシギラ花火は、児童…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!