08/11
2022
Thu
旧暦:7月14日 友引 丙 
政治・行政 社会・全般
2010年6月16日(水)17:18

ライトダウンに使って/手づくりキャンドル140個寄贈

子どもたちから手作りエコキャンドルの寄贈を受ける下地市長(後列中央)

子どもたちから手作りエコキャンドルの寄贈を受ける下地市長(後列中央)

放課後子ども教室の児童
 宮古島市が提唱している慰霊の日ライトダウンの取り組みに呼応し、放課後子ども教室でエコキャンドルづくりを行った小学生たちが15日、市役所平良庁舎に下地敏彦市長を訪ね「ライトダウンに使って」と約140個のキャンドルを寄贈した。

 
 慰霊の日の夜に照明を落とし、キャンドルの明かりで過ごすことで、戦没者に哀悼の意を表するとともに、消費電力を抑えてほしいとの考えから、宮古島市が昨年から実施を呼び掛けているライトダウン運動。キャンドルづくりを通して戦争について子どもたちが考える機会にしてほしいとの思いから、今年は市が放課後子ども教室にキャンドルの作成を依頼。平良第一、狩俣、宮島、宮原、佐良浜、来間の6教室で実施された。エコキャンドルは、家庭から出た廃油を利用し、クレヨンで色づけして作成された。
 
 寄贈に訪れた子どもたちを代表して、平良第一小6年の戸田桃歌さんは「放課後教室のみんなで作りました。ぜひ慰霊の日のライトダウンに使って下さい」との思いを述べた。
 
 下地市長は「少しの間でも電灯を消して、ろうそくの温かな光の下でいろいろ考えて、絶対に戦争をしてはいけないとの思いを深めてほしい」と慰霊の日ライトダウンの意義を説明した上で「みんなが作ったろうそくを配って、平和な宮古島を作るために、みんなで努力しましょう」と語った。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!