08/08
2022
Mon
旧暦:7月11日 大安 癸 
教育・文化 社会・全般
2010年6月11日(金)18:11

子ども手当支給開始/第1回は4、5月分

宮古島市/1億9799万円、多良間村/666万円
 宮古島市と多良村で10日、第1回目となる4、5月分の子ども手当が支給された。宮古島市での受給者は4、5月とも7615人で、2カ月分の支給総額は1億9799万円、多良間村の受給者は4月が256人、5月が257人で総額は666万9000円だった。
 0歳から中学卒業までが対象の子ども手当。今年度は1人月額1万3000円が、6月、10月、2月の年3回に分けて支払われる。支給は原則、振り込みで、2009年度の児童手当受給者には今回、2、3月分の児童手当と合わせて支給された。  
 受給世帯数は宮古島市が4243世帯、多良間村が121世帯。多良間村では対象者全全員に支給されたが、宮古島市では、申請や改定手続きが必要ながら行っていない約200人には支払われていない。9月30日までに申請すれば、4月分までさかのぼって支給されるが、それ以降は翌月分からの支給となる。担当する市児童家庭課では、早めの手続きを呼び掛けている。
 
 支給初日の同課には、09年度2、3月分も月額1万3000円支給されると勘違いした市民から「金額が少ないのでは」などの問い合わせが数件あった。
 
 子ども手当支給について市民に意見を聞くと、賛否が分かれる。9歳、7歳、5歳、3歳の4児の母親(39)は「まとまった収入となりうれしい。これから子どもが大きくなると出費も増えると思うので助かる」と歓迎。一方、8歳、5歳、4歳の子を持つ母親(34)は「個人個人に支給するより、困っているところに重点的にお金を使うべき。個人に渡すと、子どものために使われるのかどうかが分からない」と否定的な考えを示した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!