08/18
2022
Thu
旧暦:7月21日 先負 癸 
社会・全般
2010年7月7日(水)17:11

七夕の夜、二つの星はデートする

この季節、夜空を仰ぐと、琴座のヴェーガ(織女)と鷲座のアルタイル(牽牛)、それに白鳥座のデネブの描く大きな三角形(夏の三角形)が見られる。天の川(銀河)は白鳥を浮かべ、相恋うる二つの星を隔てているが、伝説によると年に一度だけ七夕(もともとは陰暦の7月7日)の夜に二つの星はデートする 
 
▼ この星を祭る行事は昔からあって、万葉の歌によると、七夕の星の逢瀬を夜が明けるまで待っていたり、たらいに張った水に映して見ることもあったようである
 
▼逢えることは願いがかなうことだから、それにあやかるためだろうか。七夕には、短冊に願い事を書いて、それを笹(竹)の葉につるして飾る。♪「五色の短冊、私が書いた、お星様きらきら、空から見てる」
 
▼市内の幼稚園や小学校、図書館や博物館、ホテル等でも星祭の飾りがなされており、笹には願い事や希望、決意などが書かれた短冊がつるされている
 
▼「ピアノが上手になれますように」、「サッカーの選手になりたい」、「学校で楽しく過ごせますように」、「ママが魔法使いになれますように」(ひさこ)。中高校生が書いたと思われるものには「世界平和・感謝・誠実に生きる」(岡一同)、「いろんな良い出会いがありますように」(ようこ)、「世界中の猫が幸せでありますように」などがある。「宮古の海は最高、また来ます」(在名古屋)、「豆が花いでぃ揃い、露が花咲き揃い、博物館の花が咲き揃う」(館員一同)
 
▼すべての希望がかなえられますように、「星に願いを!」。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月17日(水)17:18
17:18

宮古島関係の歴史をたどる in 沖縄本島 台湾遭害者之墓

 沖縄本島で、宮古島の歴史を感じることができる場所の1つが那覇市若狭にある「台湾遭害者之墓」です。   ☆関連記事 検証の必要性指摘 牡丹社事件/琉大公開講座(2015年7月26日配信)

2022年8月14日(日)8:59
8:59

宮古ブルーを満喫/家族連れで記念撮影

マリンスポーツも体験/盆休みの観光客   お盆休みを宮古島で過ごそうと、観光地やビーチは観光客でにぎわった。新型コロナウイルス感染収束が見通せない中、3年ぶりに制限行動のないお盆。天気にも恵まれた13日は、伊良部大橋を走るレンタカーが連なった。前浜ビ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!