08/08
2022
Mon
旧暦:7月11日 大安 癸 
社会・全般
2010年8月13日(金)16:52

新葬祭場 名称は「宮古島市斎苑」/検討委が提言へ 

新葬祭場の名称や使用料金などを決定した検討委員会

新葬祭場の名称や使用料金などを決定した検討委員会

火葬料金2万5000円
 
宮古島市葬祭場管理運営検討委員会(委員長・長濱政治副市長)は12日、第2回委員会を市役所平良庁舎で開いた。新しい葬祭場の名称を「宮古島市斎苑」とすることや火葬料金を大人(満12歳以上)1体2万5000円とすることなどを決定した。近く、下地敏彦市長に提言。同市長が最終決定する。施設は来年3月完成、同4月から供用開始する予定。
  

 火葬料金については、①死亡者の死亡時の住所(死産児にあっては死産児の父または母の住所)が宮古島市②火葬使用申請時における喪主の住所が宮古島市-の場合を「市内」とし、多良間村など県内外は「市外」と区分し、別料金を設定する。

  
 火葬料金などの使用料については、浦添市にある県内で最も新しい公共火葬場「いなんせ斎苑」を参考にしたほか、施設の維持管理費から算出し調整した。

  
 火葬料金(2万5000円)は、県内の公共火葬場では最も高くなるが、現在の民営白川葬祭場の11万円より大幅に低くなる。
 現行条例に規定されている火葬場使用料の四つの区分に、新たに▽死産児(4カ月以上の胎児)▽胞衣物(妊娠4カ月未満の死胎)▽霊安室使用料-の3区分を追加し、それぞれ料金を設ける。

  
 伊良部島にある市が管理する白鳥苑は、現在の12歳以上2万円(市外3万円)、12歳未満1万5000円(同2万5000円)の火葬料金は現状のままとするが、他の区分については市の新しい施設の料金に統一する。

  
 新葬祭場の場所は、平良字東仲宗根添地区の現民営葬祭場西側、ミヤコン(宮古コンクリート工業)北側にある市有地。今年3月に着工した。
 
 総事業費は約8億円。地上2階建て、延床面積1629平方㍍。霊安室や告別ホール、待合室(和室、洋室)などを設けるほか普通乗用車40台、マイクロバス1台分の駐車場も完備する。火葬炉は常用炉と予備炉各1基の計2基設置する。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!