08/08
2022
Mon
旧暦:7月11日 大安 癸 
社会・全般
2010年9月8日(水)10:34

自然の恵み

 今年はバナナが豊作のようで、屋敷の片隅や道路の傍らなどでも豊かに実っているのが見られる。果実が次第に熟していくのを生産者が待つのは自然の恵みをゆっくり受けているようにも思える。

 
▼ ところで、私たちがスーパーで購入するバナナの多くはフィリピン(ミンダナオ)産である。その生産と流通、消費の間を鶴見良行著『バナナと日本人』で見ると、バナナは決して甘いだけのものではない。ミンダナオの輸出バナナを支配しているのは多国籍企業の4社である。彼らは大地主と支配階級と組んで土地を租借し、プランテーション(単一作物を大量に栽培する大規模農園)で生産を行っている
  
▼彼らが巨額の利益を得る反面、農家や労働者は劣悪な労働条件のもとで貧困にあえいでいる。契約農家の場合でも輸出の出口は多国籍企業に独占されている。私たちがスーパーで200円のバナナを買うとき、農家の手取りは4円になる(1978年現在)
 
▼土地を奪われた農民は、ココナツや米、野菜等を作っていた文化も同時に失っている
 
▼「バナナ1本から世界が見える」とか「世界認識の古典的教科書」と言われた本書が出版されてから二十数年、多国籍企業に対する規制や、有機農業で多国籍企業からの自立を図る動きはあるが、本質的には変わっていない(中村洋子『フィリピンバナナのその後』)
 
▼この問題から私たちは何を学ぶか。甘いバナナが生産者にとっても消費者にとっても、真の恵みである世界を求めたい。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!