08/08
2022
Mon
旧暦:7月11日 大安 癸 
産業・経済 社会・全般
2010年9月13日(月)21:00

製氷冷蔵施設が完成/池間漁協 7年ぶり氷供給

完成した製氷冷蔵施設。11月から本格的に供用開始する=11日、池間漁港
完成した製氷冷蔵施設。11月から本格的に供用開始する=11日、池間漁港

漁業の島 活性化の拠点
 宮古島市(下地敏彦市長)が池間漁協(濱川洋美組合長)南側で建設を進めていた製氷冷蔵施設が11日までに完成した。10月29日に地域挙げて落成祝賀会を開く。市が漁協に引き渡す式は11月1日に予定されており、漁民への安定的な氷供給が7年ぶりに再開する。   
 既存の製氷機は2003年9月に故障で停止。以来、漁協と漁民らは、宮古島漁協から氷を仕入れて対応している。併せて鮮魚競り市場が休止に追い込まれたことから、漁民らは宮古島漁協の鮮魚競り市場に上場するようになった。
   
 新しい施設は、鉄筋コンクリート造り3階建て。延べ総面積215平方㍍。施設内には、製氷機(製造能力は1日2㌧)、貯氷庫(収容量5㌧)、餌用の冷凍庫(面積19平方㍍)、鮮魚用の冷蔵庫(同)が設置されている。漁船への氷は搬送機を使って供給される。
  
 総事業費は約1億2000万円。補助率は、国が3分の2(約8000万円)、市が3分の1(約4000万円)をそれぞれ負担した。
  
 濱川組合長は「長い間待ち望んでいた施設が完成し、感無量。漁民は11月から安心して氷を積み込む。航海安全と大漁で、池間島の活性化につなげたい」と語った。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!