08/18
2022
Thu
旧暦:7月21日 先負 癸 
社会・全般
2010年9月25日(土)9:00

結核の正しい知識を/保健所などチラシ配布

30日まで予防週間

結核予防を啓発するパンフレットを配る関係者ら=24日、大手スーパー前

結核予防を啓発するパンフレットを配る関係者ら=24日、大手スーパー前

 宮古福祉保健所(高江洲均所長)と県結核予防婦人会宮古支部(島尻清子支部長)は結核予防週間にちなみ24日、市内の大手スーパー前で結核予防に関するチラシなどを配布した。同予防週間は「その咳(せき)、結核ではありませんか」を標語に掲げ24~30日まで実施される。


 同週間中は市役所や同保健所ロビーでパネル展示をするほか、土日を除く24~30日の午前9時から時までの間、保健所で健康相談を受け付けている。
 同保健所管内で結核に罹患した患者は2010年9月末現在で3人。09年は1人罹患している。05から08年までの結核の新発生数は05年が12人、06年が10人、07年が9人、08年が11人だった。


 高江洲所長は「高齢者や糖尿病の人は抵抗力が弱いので罹患しやすい。せきが長引くときは注意してほしい」と話した。
 島尻支部長は「結核予防会と呼応して宮古支部でも結核制圧のための複十字シール募金運動を展開している。昨年は430人分の治療費をまかなった。今年も拡大したい」と述べた。


 同保健所によると1910(明治43)年の結核による死亡者数は人口10万人当たり約300人だったが、ストレプトマイシンなど戦後開発された抗結核剤によって減少を続け、100年後の2009年には同1・69人まで減少した。


 同婦人会宮古支部と保健所は29日午後6時30分から、保健所健康増進室で宮古病院の仲松正司医師を講師に招き結核研修会を開く。結核に対する理解を深めるために一人でも多くの参加を呼び掛けている。


 同週間は全国で年間約2万5000人の結核の新規患者が発生し、約2000人が死亡しているため、国民が結核を正しく理解するための普及啓発活動が目的。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月17日(水)17:18
17:18

宮古島関係の歴史をたどる in 沖縄本島 台湾遭害者之墓

 沖縄本島で、宮古島の歴史を感じることができる場所の1つが那覇市若狭にある「台湾遭害者之墓」です。   ☆関連記事 検証の必要性指摘 牡丹社事件/琉大公開講座(2015年7月26日配信)

2022年8月14日(日)8:59
8:59

宮古ブルーを満喫/家族連れで記念撮影

マリンスポーツも体験/盆休みの観光客   お盆休みを宮古島で過ごそうと、観光地やビーチは観光客でにぎわった。新型コロナウイルス感染収束が見通せない中、3年ぶりに制限行動のないお盆。天気にも恵まれた13日は、伊良部大橋を走るレンタカーが連なった。前浜ビ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!