08/08
2022
Mon
旧暦:7月11日 大安 癸 
教育・文化 社会・全般
2010年10月7日(木)9:00

バラスト銅製品「→」符合と酷似/英国のプロ号八重干瀬で沈没

213年前の海底遺物/市総合博物館で展示

新たに八重干瀬の海底から引き揚げられた十字状の銅製品。「→」符合が刻まれている(写真を接写)

新たに八重干瀬の海底から引き揚げられた十字状の銅製品。「→」符合が刻まれている(写真を接写)

 16日に開催される市総合博物館(奥平徳松館長)主催の講座「海に残された先人の歴史~宮古の水中文化遺産~」を前に、5日から関連企画の特別展示が同博物館で開かれている。213年前に平良池間島北方の八重干瀬で座礁・沈没した英国探検船「プロヴィデンス号」(406㌧)の遺物とみられる十字状の銅製品などを展示。その銅製品に刻印されている「→」符合が、過去に池間島の漁師らが同干瀬から引き揚げたバラスト(重し)に刻まれている「→」符合と酷似。銅製品はプロ号の遺物を研究する上で、一級の資料と言えそうだ。同展示は、17日まで。


 今回は、県立埋蔵文化財センターが、2007~08年度の2年、宮古島などの海域で海底調査・収集した遺物を中心に展示。

 3本マスト帆船のプロ号は1797年5月15日、マカオから北海道に向け航行中、八重干瀬で座礁・沈没した。乗組員は、ウイリアム・ブロートン海軍中佐以下115人。乗組員らは、スクーナー船に乗り移って漲水港(現平良港)に入港。宮古の人々の手厚いもてなしを受けた後、イギリスに帰国した。

 1997年5月、宮古では「プロヴィデンス号来航200年祭」が開かれた。当時招待されたサー・デビット・ライト駐日英国大使は、池間島に保存されている鋳物製のバラスト2個を見学した。

 大使は、バラストの片面に刻まれている「→」符合を確認した上で「イギリスの国防省のマークに間違いない」と断定し「このマークは、17世紀ごろから使用されている」と述べた。

 バラスト1個の大きさは、長さ49㌢、幅19㌢、厚さ10㌢。重さ約44㌔。漁師らが、海底から引き揚げた年代は不詳。かつて家を造る際に地ならしに使用し、また青年たちが力試しで持ち上げたりした。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!