08/13
2022
Sat
旧暦:7月16日 仏滅 戊 
社会・全般
2010年10月24日(日)9:00

名曲を力強く演奏/那覇市民吹奏楽団

中高生との合同演奏に喝采

ダイナミックな演奏を披露した那覇市民吹奏楽団=23日、マティダ市民劇場

ダイナミックな演奏を披露した那覇市民吹奏楽団=23日、マティダ市民劇場

 那覇市民吹奏楽団(照木勝明団長・団員約50人)の宮古地区合同演奏会が23日、マティダ市民劇場で開かれた。宮古からは北中、平良中、宮古高校、宮古総合実業高校の生徒や宮古吹奏楽OB会らが出演。名曲やなじみの曲の数々を力強く演奏した。会場には大勢の音楽ファンが訪れ、芸術の秋を堪能した。


 宮古での演奏は初めて。同楽団は9年前から離島を巡っており、宮古は伊江島、石垣島、久米島に次いで4カ所目となった。
 演奏会は4部構成。第1部は、バーンズ作曲の「アルヴァマー序曲」で幕を開けた。現在でも広く演奏されている作品。強烈で、時には繊細な金管と木管のハーモニーが響き渡った。

 第2部では、楽団員4人が「風の戯れ」を演奏した。四季折々の風を表現。曲は冬の木枯らしを表現する激しい演奏で終わった。
 第3部の最後には、カーペンターズのヒット曲を演奏。「イエスタデイ・ワンス・モア」などをメドレーで優美に奏でた。1970年代を風びしたカーペンターズのアルバムとシングルの売上は、1億枚を超えるといわれている。

 第4部は、宮古の中高生が加わり、総勢98人での合同演奏となった。「宮古まもるくんの歌」や「翼をください」、宮古民謡の「なりやまあやぐ」を壮大なスケールで演奏。最後はマイケル・ジャクソンとライオネル・リッチーが共同で作曲した「we are the world」で締めくくった。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月11日(木)8:57
8:57

2次交通不足解消に期待 実証運行スタート/ループバス

  宮古島の観光名所などを巡る宮古島ループバスの2022年度実証運行が10日、スタートした。来年2月28日まで。最近のレンタカー、タクシー不足による2次交通問題が深刻化していることに対応するもので観光客の移動手段確保などに期待がかかる。

2022年8月9日(火)8:58
8:58

毎週土曜に「シギラ花火」

夏の夜空を彩る/9月末まで   シギラセブンマイルズリゾートの「シギラ花火」が6日、上野宮国のシビラビーチ周辺で行われた。毎日暑い日が続く今年の夏。会場では観光客や地域住民が夜空を彩る花火を見ながら楽しいひとときを過ごした。 今年のシギラ花火は、児童…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!