08/17
2022
Wed
旧暦:7月20日 友引 壬 
政治・行政 社会・全般
2010年11月18日(木)9:00

砲弾360発を爆破処理/日本製未使用爆弾

きょう18日は250㌔予定


同日2回目の爆破処理では約50㍍の水柱が上がった。後方は伊良部島=17日、平良港

同日2回目の爆破処理では約50㍍の水柱が上がった。後方は伊良部島=17日、平良港

 平良港湾(下崎地区)内で発見された日本製未使用爆弾の海中爆破処理が17日午前、2回に分けて行われた。3インチ砲弾360発、約6・1㌧が無事処理され午前11時20分に対策本部を一時閉鎖した。


 爆破処理は午前10時30分と同11時に行われ、爆音と共に高さ約50㍍の水柱が上がり、市内にも爆破の衝撃が伝わった。きょう18日午前も同時刻に2回爆破処理が行われ、250㌔爆弾本体を処理する予定。

 現場海域の船舶の航行規制に伴い、宮古島海上保安署の巡視艇「やえづき」が現場海域付近を航行する船舶の整理に当たったほか、海上自衛隊の不発弾処理船「水中処分母船6号」が待機し、安全を確保した。

 午前9時30分に設置された現地対策本部で本部長の長濱政治副市長は「前回の処理に引き続き、きょうから3日間の日程で海中爆破処理が行われる。住民の生命、財産を守るためなので、ぜひ安全に処理できるよう協力して進めてほしい」と述べた。

 海上自衛隊沖縄基地隊から隊員33人のほか、県、市、宮古島海上保安署などから計65人が処理作業に当たった。爆破処理は19日午前中も行う。

 18、19の両日とも処理に伴う規制海域は荷川取漁港沖約700㍍の爆破処理位置から航行制限区域が半径300㍍、入水禁止区域が同3000㍍。規制時間はともに午前9時45分から同11時45分まで。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月17日(水)17:18
17:18

宮古島関係の歴史をたどる in 沖縄本島 台湾遭害者之墓

 沖縄本島で、宮古島の歴史を感じることができる場所の1つが那覇市若狭にある「台湾遭害者之墓」です。   ☆関連記事 検証の必要性指摘 牡丹社事件/琉大公開講座(2015年7月26日配信)

2022年8月14日(日)8:59
8:59

宮古ブルーを満喫/家族連れで記念撮影

マリンスポーツも体験/盆休みの観光客   お盆休みを宮古島で過ごそうと、観光地やビーチは観光客でにぎわった。新型コロナウイルス感染収束が見通せない中、3年ぶりに制限行動のないお盆。天気にも恵まれた13日は、伊良部大橋を走るレンタカーが連なった。前浜ビ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!