08/08
2022
Mon
旧暦:7月11日 大安 癸 
教育・文化 社会・全般
2010年11月23日(火)9:00

楚南さん(西辺中1年)ら県知事賞/県青少年育成作文・標語

県警本部長賞に佐和田さん(砂川中2年)


大会に出席し表彰状と記念盾を贈られた(左から)楚南さん、佐和田さん、伊禮さん=22日、県庁講堂

大会に出席し表彰状と記念盾を贈られた(左から)楚南さん、佐和田さん、伊禮さん=22日、県庁講堂

 【那覇支社】~地域で育もう美ら島の子~を大会テーマに2010年度県青少年育成大会(主催・県、県教委ほか)が22日、県庁講堂で開かれ、善行青少年、青少年育成功労者、「青少年の深夜はいかい防止県民一斉行動」実施に伴う作文、ポスター、標語の優秀作品表彰式が行われた。宮古島市から、作文の部で楚南早紀さん(西辺中1年)が県知事賞を受賞。標語の部で佐和田千晶さん(砂川中2年)が県警本部長賞を受賞した。


 また、善行青少年に根間すみれさん(久松中3年)、青少年育成功労者に伊禮雅則さん(宮総実高PTA副会長)が選ばれ、それぞ表彰された。

 表彰式典で来賓あいさつした高嶺善伸県議会議長は「少子高齢化が進ちょくする中、家族や地域の子育て機能が低下している。子どもは地域の宝であり、イチャリバチョーデーの心で地域一丸となって青少年育成に取り組んでいこう」と呼びかけた。

 作文の部で県知事賞を受賞した楚南さんは、「我が家のルール」と題した作品を檀上で披露。式典後、楚南さんは「とてもうれしく家族に感謝している。一日一善の心で、家の手伝いなどに励みたい」と、また、標語の部で県警本部長賞を受賞した佐和田さんは「こんな賞をもらえるとは思わず、びっくりした。自分の標語が深夜はいかいの防止につながってもらえれば、うれしい」と受賞の喜びを話した。

 また、地域活動が認められ功労者表彰を受けた伊禮さんは「感無量。小さな活動ではあるが、これからも地域を見守っていきたい」と喜びと抱負を述べた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!