08/08
2022
Mon
旧暦:7月11日 大安 癸 
産業・経済 社会・全般
2010年12月18日(土)9:00

前年比320円下げ/11年産キビ

交付金トン1万6000円


 農林水産省は17日、再来年収穫する2011年産サトウキビのトン当たり交付金を1万6000円に決定したと発表した。現行の1万6320より、320円下げた。廃止が懸念されていた基準糖度帯は、維持した。


 糖度帯は現行の「13・1~14・3度」から「13・2~14・5度」に引き上げた。糖度が1度上下するごとに、100円加減される。

 農水省の試算によると、基準帯中間13・8度のトン当たり農家手取り額は、砂糖の国際相場が上昇しているため、前年とほぼ同水準の2万1412円(交付金1万6000円、原料代5412円)になるという。

 07年産以降据え置かれた交付金は、今回初めて改正された。

 農水省は当初①交付金を1万5860に引き下げ②基準糖度帯を廃止し、基準糖度14・5度を新設-などの案を示していた。

 生産者側は基準糖度帯が廃止された場合は、台風の影響による低糖度の年に交付金を下げ、経営の不安定を招くと反発。

 17日の民主党農林水産部門会議で、基準糖度帯を維持することで決着した。

 交付金の財源には、輸入糖に課す調整金などが充てられている。今回、砂糖の国際相場上昇を背景に引き下げられた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!