08/17
2022
Wed
旧暦:7月20日 友引 壬 
産業・経済 社会・全般
2011年1月14日(金)9:00

宮古地区6団体、10個人を表彰/県たばこ組合

県内最多、優良耕作地誇る


タバコ生産の優良耕作者と総代区に表彰状が贈られた=12日、那覇市、沖縄ハーバービューホテル

タバコ生産の優良耕作者と総代区に表彰状が贈られた=12日、那覇市、沖縄ハーバービューホテル

 【那覇支社】県たばこ耕作組合(砂川榮一組合長)の2010年度表彰式典が12日、那覇市内のホテルで催され、優良耕作者など8団体、21人を表彰した。このうち宮古地区の表彰は県内最多の6団体、10個人で、葉タバコ生産の優良耕作地を誇った。


 式典で主催者あいさつした砂川組合長は、2010年から実施された1本当たり3・5円のたばこ税増税などによる消費者ニーズの落ち込みなどに触れ、「生産目標の10㌃当たり228㌔、一戸代金1600万円以上は達成しなかったが、品質面では良い実績を上げた。関係機関と連携し、安全性と信頼性を確保しながら良質葉の生産、収量安定確保による農家所得の向上に向け取り組んでいく」と述べ、生産意欲を向上させるよう受賞者を激励した。

 表彰を受けた宮古地区の個人と団体は次の通り。(敬称略)

 【個人】
 ○優良耕作者▽川満晃裕▽上地賢次▽楚南竹芳○奨励賞▽洲鎌健治▽川満文貴▽砂川博信▽謝花浩光▽知念三雄○総販売代金取得者賞▽福里茂男○全国たばこ耕作組合中央会表彰▽川満勝広

 【団体】
 ○優良総代区▽西東第1総代区▽西東第2総代区▽下地第3総代区▽新高総代区○県農林水産部長表彰▽西東第1総代区○日本たばこ産業沖縄地方原料本部長表彰▽下地第4総代区


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月17日(水)17:18
17:18

宮古島関係の歴史をたどる in 沖縄本島 台湾遭害者之墓

 沖縄本島で、宮古島の歴史を感じることができる場所の1つが那覇市若狭にある「台湾遭害者之墓」です。   ☆関連記事 検証の必要性指摘 牡丹社事件/琉大公開講座(2015年7月26日配信)

2022年8月14日(日)8:59
8:59

宮古ブルーを満喫/家族連れで記念撮影

マリンスポーツも体験/盆休みの観光客   お盆休みを宮古島で過ごそうと、観光地やビーチは観光客でにぎわった。新型コロナウイルス感染収束が見通せない中、3年ぶりに制限行動のないお盆。天気にも恵まれた13日は、伊良部大橋を走るレンタカーが連なった。前浜ビ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!