08/18
2022
Thu
旧暦:7月21日 先負 癸 
産業・経済 社会・全般
2011年1月18日(火)9:00

規格、品質基準を確認/JA契約メロン目揃会

全国に2万3000個出荷へ


メロンの規格や品質基準を確認した目揃会=17日、JAおきなわ城辺集荷場

メロンの規格や品質基準を確認した目揃会=17日、JAおきなわ城辺集荷場

 全国農協食品とJAおきなわが値決め取り引きをしている契約メロンの目揃会が17日、同JA城辺集荷場で行われた。農家らが参加し、規格や品質の統一基準を確認した。


 出荷は、2月まで行われる。契約数量は、2万3000個。城辺集荷場で箱詰めにし、全農食品を経由して全国に宅配される。
 今年のメロンの平均糖度は、15度。ネットもきめ細かく、高品質という。


 目揃会で、JAおきなわ宮古地区営農振興センター農産部の友利修次長は「寒さ対策のため、ハウスの温度管理は徹底してほしい」と呼び掛けた。
 全農食品直販事業本部の須貝隆課長は「足しげくハウスに通って、木の状態を見て、いい物を作り届けてもらいたい。今後も手と手を取り合って、皆さんと一緒に頑張っていきたい」とあいさつした。


 全農食品との値決め取り引きは、20年近くになる。寒い冬場に取れる南国産の甘いメロンは、消費者から好評。農家の経営安定にも結び付いている。
 今年の栽培農家数は、23戸。栽培面積は、市場出荷分も合わせて4・5㌶となっている。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月17日(水)17:18
17:18

宮古島関係の歴史をたどる in 沖縄本島 台湾遭害者之墓

 沖縄本島で、宮古島の歴史を感じることができる場所の1つが那覇市若狭にある「台湾遭害者之墓」です。   ☆関連記事 検証の必要性指摘 牡丹社事件/琉大公開講座(2015年7月26日配信)

2022年8月14日(日)8:59
8:59

宮古ブルーを満喫/家族連れで記念撮影

マリンスポーツも体験/盆休みの観光客   お盆休みを宮古島で過ごそうと、観光地やビーチは観光客でにぎわった。新型コロナウイルス感染収束が見通せない中、3年ぶりに制限行動のないお盆。天気にも恵まれた13日は、伊良部大橋を走るレンタカーが連なった。前浜ビ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!