08/17
2022
Wed
旧暦:7月20日 友引 壬 
社会・全般
2011年1月18日(火)22:36

「詩人谷川俊太郎」(行雲流水)

 谷川俊太郎が詩と人生を語る『ぼくはこうやって詩を書いてきた』が出版された。詩人が10歳から77歳までに書いた詩から88編を取り上げて、詩人と良き読み手である山田馨の対談をまとめたものである


▼山田氏は「谷川さんが、どんなふうに人生を生きのびてきたのか、そして、その人生という鉱脈からどのように詩のことばを切り出してきたのか、そのようなことを、聞きたいと思った」と書き、谷川氏は、まともな生活者の視点で詩を読んでくれることに感謝する

▼生きることや、詩を作る喜びや苦しみを率直に語り合う二人の相互信頼と誠実さ、自由な探求心が対話の内容を深く豊かなものにしている

▼『二十億光年の孤独』を引っさげてさっそうと登場したとき、そこには広大な宇宙に向かい合う孤独な少年がいた。人を愛し、結婚や離婚を経験する過程で「人」を意識する。続いて「人々」に関心が向かう。「(拒む)」。山は詩歌を拒まない/雲も水も星々も/拒むのはいつもヒト/恐怖や憎しみで、饒舌で」。詩人の現代社会への批判が込められている

▼現代詩は難解だと言われるが。詩人は語る「詩は意識下から落ちてくる。みんなは集団的無意識の次元ではつながっているから、自分の詩が意識下の深みに触れることができたら、みんなとつながれるはずだ」

▼「詩はベートーベンのように苦しみ悩んで書いているが、モーツァルト風に見せたい」と彼は語っている。詩のことばの美しさと、秘められた深い意味を感じたい。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月17日(水)17:18
17:18

宮古島関係の歴史をたどる in 沖縄本島 台湾遭害者之墓

 沖縄本島で、宮古島の歴史を感じることができる場所の1つが那覇市若狭にある「台湾遭害者之墓」です。   ☆関連記事 検証の必要性指摘 牡丹社事件/琉大公開講座(2015年7月26日配信)

2022年8月14日(日)8:59
8:59

宮古ブルーを満喫/家族連れで記念撮影

マリンスポーツも体験/盆休みの観光客   お盆休みを宮古島で過ごそうと、観光地やビーチは観光客でにぎわった。新型コロナウイルス感染収束が見通せない中、3年ぶりに制限行動のないお盆。天気にも恵まれた13日は、伊良部大橋を走るレンタカーが連なった。前浜ビ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!