08/17
2022
Wed
旧暦:7月20日 友引 壬 
社会・全般
2011年2月4日(金)9:00

吉永君、池間さんらが最高賞

水難事故防止ポスター・標語


 宮古島署は3日、2011年度水難事故防止ポスターおよび標語の宮古地区審査会を同署で開いた。島袋令署長ほか各課長、報道機関などが審査し、ポスター部門では北中学校1年の吉永智也君の作品など3点、標語部門では「『大丈夫』その油断に溺れるな」と書いた久松中学校2年の池間夢華さんの作品など3点を最高賞に当たる「宮古島署長賞」に決めた。作品6点は県警本部で行われる中央審査会に宮古代表作品として出品される。


 今回の宮古地区審査会には小、中、高校の計9校からポスターが43点、標語は計445点の応募があった。ポスターは海の青を基調とした個性的な作品が多く、標語も力作ぞろいだった。
 審査会ではポスター43作品と、事前審査を通過した12点の標語の中から最高賞に当たる署長賞を選んだ。
 島袋署長は「子どもから大人まで、みんなでルールを守ろうという訴えが作品の中で表現されていた」などと講評し、児童生徒の力作をたたえた。
 署長賞を受賞した作品は県警本部の中央審査会に出品、同審査会で最優秀賞を受賞すれば11年度水難事故防止ポスター・標語として全県で使用される。
 宮古島署長賞受賞者は次の通り。
 【ポスター部門】吉永智也(北中1年)▽松川澪奈(宮古高校2年)▽野中彰人(北中1年)
 【標語部門】池間夢華(久松中2年)「『大丈夫』その油断に溺れるな」▽屏風ももか(西城中1年)「海のマナー守って安全海水浴」▽砂川知穂(平良第一小3年)「大人の目守られ安心楽しい海」


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月17日(水)17:18
17:18

宮古島関係の歴史をたどる in 沖縄本島 台湾遭害者之墓

 沖縄本島で、宮古島の歴史を感じることができる場所の1つが那覇市若狭にある「台湾遭害者之墓」です。   ☆関連記事 検証の必要性指摘 牡丹社事件/琉大公開講座(2015年7月26日配信)

2022年8月14日(日)8:59
8:59

宮古ブルーを満喫/家族連れで記念撮影

マリンスポーツも体験/盆休みの観光客   お盆休みを宮古島で過ごそうと、観光地やビーチは観光客でにぎわった。新型コロナウイルス感染収束が見通せない中、3年ぶりに制限行動のないお盆。天気にも恵まれた13日は、伊良部大橋を走るレンタカーが連なった。前浜ビ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!