08/08
2022
Mon
旧暦:7月11日 大安 癸 
社会・全般
2011年2月14日(月)9:00

創立30周年の節目祝う/宮古島ソフトテニスパニパニクラブ

底辺拡大など決意


30周年の節目を祝い乾杯する会員たち=13日夜、ホテル共和

30周年の節目を祝い乾杯する会員たち=13日夜、ホテル共和

 宮古島ソフトテニスパニパニクラブ(下地忠男会長)の創立30周年記念祝賀会が13日夜、市内のホテルで開かれた。会員や関係者らが一堂に会し、乾杯のグラスを掲げ30年の節目を盛大に祝った。下地会長が今後のクラブ発展に向け会員に協力を呼び掛けたほか、80歳以上の会員5人を功労者として表彰した。


 同クラブは1980年に会員21人で創立、現在80人が会員登録している。毎月1回の定例会のほか母の日・父の日大会、忘年大会など年間15回の大会を開催している。

 30周年記念祝賀会の記念式典であいさつに立った下地会長は「現在では会員が80人にまで増え、諸事業もスムーズに運営されているのは大勢の先輩方のおかげ」と感謝の思いを述べた上で「今後は底辺の拡大、技術力の向上などへの取り組みが必要。協力をよろしくお願いします」と呼び掛けた。

 来賓として出席した下地敏彦宮古島市長は「楽しくスポーツをしたり話ができるクラブはとても良いと思う。これからも元気で楽しくテニスにいそしんで下さい」、県ソフトテニス連盟の新垣柴光会長は「これからは小中学生を指導して、宮古の将来を担う子どもを育ててほしい」とそれぞれあいさつした。

 その後、毎年、敬老大会のスポンサーをしている菊之露酒造に感謝状が、80歳以上の池村英光さん、亀浜敏夫さん、下地恵教さん、三島貞男さん、砂川金三さんの会員5人に下地会長から功労者表彰が贈られた。功労者を代表して下地さんが「先輩を大事にする皆さんに感謝します。体の続く限り、皆さんと協力して楽しんでいきたい」と語った。

 祝賀会では、宮古島ソフトテニス連盟の砂川充男顧問の音頭で乾杯を行い、クラブの節目を全員で祝ったほか、ステージではさまざまな余興が披露され、祝いの席を盛り上げた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!