09/23
2023
Sat
旧暦:8月9日 仏滅 甲 秋分
産業・経済 社会・全般
2011年2月16日(水)9:00

島内で化粧品製造/むさしのイミュニティーグループ

宮古初の工場を設立


下地市長に化粧品工場の設立などを報告する吉田社長(左から2人目)=15日、市役所平良庁舎

下地市長に化粧品工場の設立などを報告する吉田社長(左から2人目)=15日、市役所平良庁舎

 宮古ビデンス・ピローサ(宮古BP)の研究および商品開発を進めるむさしのイミュニティーグループが、宮古島内で製造した化粧品の全国販売を開始する。昨年末には城辺西里添に宮古で初めての化粧品工場を設立。当面は宮古BPから抽出するエキスで関係企業が求める化粧品を製造して納品するが、自社ブランドの化粧品の製造・販売も同時並行的に行う。2011年度の販売目標は年商で1億円。武蔵野免疫研究所の吉田八束社長らが15日、市役所平良庁舎に下地敏彦市長を訪ねて報告した。


 イミュニティーグループで製造から販売までを管理。武蔵野免疫研究所が化粧品の研究と開発を担当し、かぎすま宮古が商品の製造部門を担う。販売担当のうるばな宮古が全国の化粧品関係企業に商品を売り込む。すでに全国数十社から注文があり、今月中にも納品を開始する。

 当面は宮古BPのエキスで化粧品を製造するが、将来的には宮古島のアロエベラやツバキ、ゲットウなどのエキスを使用した化粧品開発にも取り組む。製造商品は▽クリーム▽化粧水▽乳液▽ファンデーション▽パック▽固形せっけん-など。

 15日に下地市長を訪ねた吉田社長は「今年から本格的に化粧品事業に取り組みたい。この宮古を拠点に全国展開を始める。私たちが目指すものはあくまで宮古島の地域振興」と話し、雇用創出を含む宮古地区の経済振興に意欲を示した。

 同席した河本昌彦専務は「宮古島の自然環境で育った植物は素晴らしい素材。今までにない化粧品ができるので期待してほしい」などと話した。

 下地市長は「わくわくする報告。長い間宮古の産業振興に取り組んでくれている皆さんに感謝したい。質の良い化粧品を作っていただきたい。市として全面的に支援する」と協力姿勢を示した。


カテゴリー一覧

観光関係

2023年9月21日(木)8:56
8:56

上演中にせりふ字幕表示へ/多良間八月踊り

会場に大型モニター設置   22日から3日間、多良間島で開催される国指定重要無形文化財の「八月踊り」。今年は22日と23日の上演中、大型モニターを会場に設置して演者のせりふを現代語訳してリアルタイムで表示する。 これにより組踊りのストーリーを分かりや…

2023年9月2日(土)8:59
8:59

来年は4月14日開催へ/トライ大会

今年より競技距離延長 専門委承認 実行委総会で正式決定   第38回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が8月31日、市役所で開かれた。各専門部長が来年4月14日開催とする大会要綱案について確認し、全会一致で承認した。同実行委員長の嘉数登…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!