12/08
2021
Wed
旧暦:11月5日 先負 庚 
社会・全般
2011年2月19日(土)23:00

2011年2月13日~2月18日

ニュースウィークリー
2月13日~2月18日

「うるま」人気復活/たばこ値上げに伴い
 本土復帰前の主流銘柄だった紙巻たばこ「うるま」の人気が、昨年10月の値上げを機に復活した。市内の大手卸売業者によると、日本たばこ産業(JT)の銘柄の中で、販売数量は、マイルドセブンスーパーライトに次いで2位。1箱250円の手ごろな価格が、販売増に結び付いたとみている。(2月13日掲載)


源河さんら3人が名取に/日本舞踊藤間流
 日本舞踊藤間流の名取式がこのほど東京の家元宅で行われ、宮古から凰太郎会(藤間凰太郎会主)の源河章乃さんと宮内清美さん、同藤間凰花教室(藤間凰花師範)の瑞慶覧和子さんの合計3人が名取の免状を受けた。3人は12日、宮古毎日新聞社を訪れ、喜びと抱負を報告した。(2月13日掲載)

東小が初出場で金賞に輝く/九州アンサンブルコン
 12日から長崎市で行われていた第36回九州アンサンブルコンテストで出場した東小学校の金管八重奏と北中学校の打楽器五重奏がそれぞれ金賞を受賞した。東小は小学校部門では宮古初の快挙。北中は2年連続の受賞となった。(2月14日に掲載)

宮古男子が2年ぶりV/県小学バレー地区対抗
 第7回県小学生バレーボール各地区対抗6年生選抜大会の最終日は13日、名護市の21世紀の森体育館で行われ、宮古地区代表男子が2年ぶりの優勝に輝いた。(2月14日掲載)

製氷・冷蔵施設が完成/池間漁協で祝賀会
 池間漁業協同組合主催の製氷・冷蔵・冷凍施設完成式典・祝賀会が14日、池間島離島振興総合センターで行われた。国・県・市の関係者や組合員らが参加。高品質な氷供給と鮮魚保持向上の体制が整い、さらなる水産業の発展、地域活性化に期待を寄せた。同施設と伊良部漁協の新しい製氷・冷蔵・冷凍施設は市の公共物。(2月15日掲載)

DVD窃盗犯は市職員/市当局が陳謝
 市内の店舗からDVDを盗んだとして12日に逮捕された男(31)=市伊良部前里添=が宮古島市教育委員会伊良部分室の職員だったことが判明し、長濱政治副市長と市教育委員会の川上哲也教育長が14日、市役所平良庁舎で会見を開き「市民に申し訳ない」と謝罪した。職員は当初、宮古島署の取り調べに対し職業をプール監視員としていたがその後の調べで市の職員であることが分かった。(2月15日掲載)

宮古島内で化粧品製造/むさしのグループ
 宮古ビデンス・ピローサ(宮古BP)の研究および商品開発を進めるむさしのイミュニティーグループが、宮古島内で製造した化粧品の全国販売を開始する=写真。昨年末には城辺西里添に宮古で初めての化粧品工場を設立。当面は宮古BPから抽出するエキスで関係企業が求める化粧品を製造して納品するが、自社ブランドの化粧品の製造・販売も同時並行的に行う。(2月15日掲載)

離島振興、定住条件整備に全力/仲井真知事所信表明
 県議会の2月定例会が15日、開会した。仲井真弘多知事は県政運営方針で、離島・過疎地域振興について、航空運賃の低減化や情報通信基盤の高度化など地域活性化に向けた総合的な振興を図ることを表明。「ユニバーサルサービスの確保と定住条件の整備を推進する」と強調した。(2月16日掲載)

確定申告受付開始/e-Taxの活用を
 2010年度分の所得税などの確定申告受付初日となった16日、宮古島商工会議所の下地義治会頭らがパソコンを使っての国税電子申告・納税システム「e-Tax」による申告を行い、電子申告の手軽さをPR。市民にe-Taxの活用と早期申告を呼び掛けた。e-Tax申告を行ったのは下地会頭と、沖縄宮古法人会の真栄城宏会長、宮古青色申告会の下地信輔会長の3人。(2月17日掲載)

市職員を業務上横領罪で告訴/宮古島市
 市民が納めた国民健康保険税を市職員が庁舎外に持ち出して紛失したとされる問題で、宮古島市は15日に宮古島警察署にこの職員を業務上横領罪で告訴したことが分かった。告訴状は同日付で受理された。16日には同署の署員が市役所平良庁舎に訪れ、この職員が勤務していた国民健康保険課の捜査を行うなど、本格的な捜査を開始した。(2月17日掲載)

1軍キャンプ終了2軍は継続/オリックス
 オリックス・バファローズが市民球場での1軍キャンプを17日、紅白戦で締めくくった。沖縄本島の練習試合に出場する27人の選手は18日に宮古島を離れる。朴賛浩、木佐貫投手や坂口外野手と2軍の選手など、主力を含む37人はキャンプを引き続き市民球場で行う。(2月18日掲載)

宮古島市「不参加」/県消防広域協議会
 県内市町村全域の消防本部を一本化するために設置された「県消防広域化等研究協議会」の第3回会議が17日、那覇市の自治会館で開かれ、宮古島市の下地敏彦市長は同消防広域化に参加しないことを表明した。その理由として、同市から提案した広域化した場合の「課題(デメリット)が解決されていない」ことなどを挙げた。(2月18日掲載)


カテゴリー新着

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!