08/15
2022
Mon
旧暦:7月18日 赤口 庚 
社会・全般
2011年2月28日(月)9:00

島の香り求めどっと/池間島新鮮朝市

製氷施設稼働を機に再開


カツオなどの海産物が好評を博した朝市=27日、池間漁港広場

カツオなどの海産物が好評を博した朝市=27日、池間漁港広場

 池間漁協女性部(野原悦子部長)の「新鮮朝市」が27日、池間漁港広場で開かれた。同朝市は中断していたが、最近稼働した池間漁協の製氷・冷蔵・冷凍施設の有効活用と島の活性化につなげようと、約1年ぶりに再開した。島の香りを求めて、島外からも多くの客が訪れにぎわった。


 池間島の朝市は今後、毎月2回(第2、第4日曜日)に開く。
 海産物は、カツオやタコ、イカ、マガキガイ(方言名・ティラジャ)、ブダイの刺身などをそろえた。殻に入ったままのティラジャは「塩味がいい」と好評だった。

 農産、加工品はカボチャやキュウリ、ラッキョウ、ダイコン、サタパンビン、モズクの天ぷらなどを満載。新鮮で安いとあって、好調な売れ行きとなった。

 カツオやタカセガイなどを買った城辺友利に住む60代の主婦は「新鮮で安い。今夜はカツオを刺身にして、夫と酒を楽しみたい」と笑顔いっぱいだった。

 野原会長は「製氷施設の完成を機に、みんなで島を盛り上げようと再開することになった。継続して、島の活性化につなげたい」と抱負を語った。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月14日(日)8:59
8:59

宮古ブルーを満喫/家族連れで記念撮影

マリンスポーツも体験/盆休みの観光客   お盆休みを宮古島で過ごそうと、観光地やビーチは観光客でにぎわった。新型コロナウイルス感染収束が見通せない中、3年ぶりに制限行動のないお盆。天気にも恵まれた13日は、伊良部大橋を走るレンタカーが連なった。前浜ビ…

2022年8月14日(日)8:58
8:58

14日からの公務開始発表/第48代ミス宮古島

夏まつり延期で観光協会   宮古島観光協会の吉井良介会長らは12日、会見を開き、14日を開催日としていた宮古島夏まつりが延期されたことにより、まつり内で実施予定だった第48代ミス宮古島発表会が同日に行えなくなったものの、14日から第47代から第48代…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!