08/08
2022
Mon
旧暦:7月11日 大安 癸 
社会・全般
2011年3月16日(水)9:00

東日本大震災(行雲流水)

 2011年3月11日14時46分、国内観測史上最大のM9・0の巨大地震が三陸沖を震源に発生。それに伴う悪魔のような黒い津波は船や車、住宅を押しつぶし、押し流し、のみ込み、多くの人命を奪い去った


▼住みなれた街が一瞬にして消えてしまった心細さ。肉親の安否を確かめる通信手段も失われた。住む家もなく、寒さの中で水も食料もない不安。その上、火災や度重なる余震、地震が起きても安全だとされていた原発の事故の恐怖に住民はさいなまれた

▼「災害は忘れた頃にやってくる」と言われるが、この震災は想定を超えるひどいものであった。岩手県田老町(現宮古市)は明治三陸沖地震の際、人口の4割が死亡、家屋もほとんどが全壊した。その後、高さ㍍、長さ2433㍍の防波堤を築き、「津波防災の町宣言」をしていたが、今度の津波を止めることができず、壊滅的な災害を受けた

▼当地では240年前の1771(明和8)年、宮古・八重山を襲った「明和の大津波」が語り継がれている。約1万2000人が死亡、うち宮古では2548人が死亡した。石垣島では8村が流出、宮古では、海岸近くの友利、砂川、新里、宮国などの元島(むとぅずま)を失い、高台へ移動、新たな集落を築いた

▼八重山ではこの津波や凶作などの影響で島は衰退、明治初期まで人口は減り続けた(牧野清、他)

▼時代が違う。国民は力を結集してこの難局を克服、被災者の生活の安定を助け、地域は復興を成し遂げるに違いない。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!