08/08
2022
Mon
旧暦:7月11日 大安 癸 
社会・全般
2011年3月25日(金)22:49

年度末(行雲流水)

 3月も押し詰まってくると、気分はまさに〝師走〟。終わりよければ全てよし、という。年度末の慌ただしさを無事乗り切って、心機一転、心置きなく新年度を迎えたいものだ


▼3月決算を控えた企業は、貸出金や売掛金の回収、未払い金の清算などで角つき合わせた交渉にはいる。財務内容が明らかになる「貸借対照表」は、期末現在で瞬間冷凍された数値で表されるからだ。仕上がりの字面が気になるところ

▼官公庁では、事業の年度内執行に拍車がかかる。道路工事が年度末に集中し、市民から苦情が出たりする。予算の単年度主義に原因があると指摘する向きもあるが、事業執行の段取りの悪さが原因の場合が多いように見える

▼補助事業などでの不祥事も、完了期日に間に合わない場合に起こることが多い。計画と実態が合わなくなり、書類上のつじつまあわせに汲々となるからだ。故意か過失かはいざ知らず、手抜かりを指摘され、失われた「時」を取り返すことができず、ホゾをかむことに

▼昔の旅人は「日暮れて道の遠きを嘆く」より、出立の段取りや途中の努力が肝要だということを知っていた。年度末の苦労を嘆くより、昔の旅人の知恵を見習いたいものだ

▼それにつけても、先日発表された「島シャツ」には、季節にふさわしいさわやかさを感じた。補助事業を計画通り完了させたことに対する敬意も含めてだ。「島シャツ」の試作研究は来年度も継続するという。さらなる創意工夫への期待が高まる。世間の営みを尻目に、春分を過ぎた季節は一直線に夏へと向かう。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!