08/08
2022
Mon
旧暦:7月11日 大安 癸 
政治・行政 社会・全般
2011年3月30日(水)9:00

規模見直しなどの意見出ず/パイナガマ公園事業

環境への配慮など要望/市公共事業評価監視委員会


パイナガマ公園事業について事務局の説明を聞く委員たち=29日、市役所平良庁舎

パイナガマ公園事業について事務局の説明を聞く委員たち=29日、市役所平良庁舎

 市公共事業評価監視委員会(中尾英筰委員長)が29日、市役所平良庁舎で開かれ、下地敏彦市長から諮問を受けた社会資本整備交付金都市公園事業パイナガマ公園の再評価について協議を行った。委員から事業継続の是非や規模見直しなどに対する意見は出ず、現在の計画をベースに環境やコミュニティーに配慮した公園とするよう求める要望などが挙げられた。


 パイナガマ公園事業は都市公園事業として1996年度に事業開始。総面積は8・9㌶、総事業費は25億2284万円で、施工期間は当初予定の10年度までから13年度までに延長されている。05年度に一度、事業の再評価が行われたが、それから5年が経過したことから改めて今回、再々評価が行われることとなった。

 協議に先立ち中尾委員長は「昨年3月に整備した一部を供用開始し、残りの土地を取得し施設整備を行うに当たり今回、再評価を行うため集まってもらった。審議をお願いしたい」とあいさつした。

 都市計画課担当者による事業概要説明に対し、委員からは「普通の公園ではなくエコやコミュニティーに配慮した公園にすべき」、「運動器具を導入できないか」、「伊良部大橋の開通を考慮して整備することが必要」などの意見が出されたが、事業継続や規模見直しなどについての意見は出されなかった。今回の協議結果は、30日にも下地市長に答申される。

 パイナガマ公園事業では、11年度一般会計当初予算に土地を購入するための公有財産購入費として1億5000万円が計上され、今月23日に閉会した市議会3月定例会で承認を受けている。

 委員会開始前、今年1月1日付で宮古青年会議所新理事長に就任した中尾忠筰氏に、下地市長から委員委嘱状が交付された。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!