08/08
2022
Mon
旧暦:7月11日 大安 癸 
社会・全般
2011年4月11日(月)23:30

生命倫理(行雲流水)

 その昔、雄鶏は「コケコッコー(朝ですよー)と鳴いた。雌鶏は卵を産み、温めてひなを孵した。ひなは母鶏の後について餌のとり方を学んだ。今日では、雄鶏のおたけびは聞こえなくなり、雌鶏は無精卵を量産する「機械」と化し、並んでヨチヨチ歩くかわいらしいひなの姿も見えなくなった


▼一般の大型養鶏場では鶏を密飼にし、餌やりや採卵などがオートメーション化されている。また、人工的な照明の調整で多産を促している。冬でも、卵をよく産む明るい時間の長い春先の状態にして、産卵をできるだけ休ませないようにしている

▼NHKの番組「いのちドラマチック」によると品種改良も繰り返されて、年間300個も産卵する白色レグホンは、卵を温めてヒナにかえす「就巣性」を失ってしまっている

▼その結果、生産コストは安く抑えられて、鶏卵は「物価の優等生」と言われて、ヒトに恩恵をもたらしている。しかし、種(しゅ)としての鶏の思いは別である

▼ブルドッグの場合、闘う犬から愛玩用に改良されたが、胎児の頭部や肩幅は大きく、自然分娩はできず、人の手による帝王切開で出産している。金魚の原種はフナであるが、人の好みで品種改良された金魚の王様と言われる「らんちゅう」は、泳ぎが下手で、自然の中で生きていくことができない体になっている

▼生命科学の技術の応用が進んでいる。例えば、種牛と同じように、ノーベル賞級の人の精子バンクがすでに存在する。生命倫理は人間の尊厳を守り通せるのだろうか。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!