08/08
2022
Mon
旧暦:7月11日 大安 癸 
社会・全般
2011年4月13日(水)23:00

宮古島地方気象台長 小林 俊彦さん(57歳)

「的確な情報を伝達」


小林 俊彦さん(57歳)

小林 俊彦さん(57歳)

 4月1日付で、宮古島地方気象台長に就任した。宮古は初めての勤務。「山に囲まれた山梨県で生まれ育ったから、海への憧れは強い。宮古の海は美しいので、休日はゆっくり眺めたい。暖かくて、健康に良い」と物腰の柔らかい声で語る。


 「大雨・台風・地震・津波予報などに関しては的確な情報を伝達する。国民が必要な情報を知りたい時に、その必要な情報を提供するのも業務」と改めて決意を新たにする。

 「職員には、創造的に仕事をするよう訓示した。与えられた仕事だけでなく、仕事が影響を及ぼすことを幅広く想像すると、そこから仕事の改善や工夫が見える。そして効率的な仕事につながる」と強調した。

 「小・中・高校や地域の団体などから気象に関する出前講座の要望があれば、即対応したい。防災啓蒙は重要なこと」と気象教育に積極的に取り組む姿勢を示す。

 さらに「宮古に津波警報が発令された場合は高台へ逃げ、絶対海岸に近寄らないように」と強く訴えた。

 小林 俊彦(こばやし・としひこ)1953(昭和28年)10月27日生まれ。57歳。山梨県出身。東京電機大学卒。72年気象庁入り。名古屋地方気象台中部国際空港準備室長、中部航空地方気象台次長、気象庁観測課観測システム運用室課長補佐などを歴任。08年同課気象測器検定試験センター所長に就任。11年4月、宮古島地方気象台長に着任。趣味はサイクリング。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!