08/17
2022
Wed
旧暦:7月20日 友引 壬 
産業・経済 社会・全般
2011年4月15日(金)9:00

伊良部大橋が一望に

見学ステーション開館


ステーションの屋上から伊良部大橋を見学する久松小の児童ら=14日、平良字久貝の見学ステーション

ステーションの屋上から伊良部大橋を見学する久松小の児童ら=14日、平良字久貝の見学ステーション

 平良字久貝に建てられた、伊良部大橋見学ステーションのプレオープン式典が14日、同所に久松小学校3年生44人を招待して行われた。一般公開はきょう15日の午前9時30分から。見学ステーションは床面積40平方㍍で屋上からは、建設中の伊良部大橋が一望できる。招待された児童らは屋上から「きれい。すごいね」と歓声を上げた。


 屋内には伊良部大橋の構造などを紹介するDVDや事業紹介パネル、橋梁工事の資材などが展示されており、将来は同大橋の模型も加わる予定。

 オープン式典で宮古土木事務所の平良和雄事務所長が「皆さんに近くで見てもらいたいのでステーションを作った。工事はしばらく続くが、休みの日などはお父さんやお母さん、家族と一緒に見に来てください」とあいさつした。

 児童を代表して下地杏沙さんは「大橋ができると伊良部の人たちの生活が便利になると聞いている。安全に気をつけて工事を頑張ってください」と話した。

 仲間海星君は「いろいろ教えてもらって面白かった。家族とも来てみたい」と目を輝かせていた。

 見学ステーションの開館時間は午前9時30分から午後4時まで。屋上は午前8時30分から午後5時までで、自由に出入りできる。旧盆と12月29日~1月3日までを除き無休。駐車場はバス1台、普通乗用車3台分が用意されている。

 同ステーションは事業費に含まれている「イメージアップ経費」で建設された。現在の敷地は借地。県は今後、地主との交渉を進め、完成後も設置を続けたい考え。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月17日(水)17:18
17:18

宮古島関係の歴史をたどる in 沖縄本島 台湾遭害者之墓

 沖縄本島で、宮古島の歴史を感じることができる場所の1つが那覇市若狭にある「台湾遭害者之墓」です。   ☆関連記事 検証の必要性指摘 牡丹社事件/琉大公開講座(2015年7月26日配信)

2022年8月14日(日)8:59
8:59

宮古ブルーを満喫/家族連れで記念撮影

マリンスポーツも体験/盆休みの観光客   お盆休みを宮古島で過ごそうと、観光地やビーチは観光客でにぎわった。新型コロナウイルス感染収束が見通せない中、3年ぶりに制限行動のないお盆。天気にも恵まれた13日は、伊良部大橋を走るレンタカーが連なった。前浜ビ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!