08/08
2022
Mon
旧暦:7月11日 大安 癸 
社会・全般
2011年4月19日(火)9:00

入園者1万人を突破/海中公園

開園12日目のスピード達成


1万人目の入園者となり豊見山社長(左)から花束を受け取る龍之丞君(中央)と家族=17日、宮古島海中公園

1万人目の入園者となり豊見山社長(左)から花束を受け取る龍之丞君(中央)と家族=17日、宮古島海中公園

 今月6日から一般公開がスタートした宮古島海中公園の海中観察施設への入園者数が、12日目となる17日で1万人を超えた。記念すべき1万人目の入園者となったのは、家族と訪れた新城龍之丞君(4)=市平良=で、同公園を管理運営する宮古島海業管理センターの豊見山健児社長から花束と年間パスポートが贈られた。


 同日夕に、父・秀夫さん(36)、母・香織さん(32)、妹・愛來ちゃん(1)と海中公園を訪れた龍之丞君。同公園に来るのは今回が初めてで「魚を見るのを楽しみに来た」と話す。入園券購入窓口で1万人目であることを告げられ、豊見山社長から花束を手渡されると、突然の出来事に驚きの表情を見せた。

 秀夫さんも「いきなりだったのでびっくりした」との感想を述べた上で「今回は魚が好きな子どもを喜ばせようと思ってきた。間近で見ることができたらうれしい」と話した。

 6歳未満の龍之丞君は無料で入園できるため、年間パスポートは秀夫さんに贈られた。

 オープン12日目での1万人達成について「1万人は1カ月くらい掛かると思っていたので、短期間での達成をうれしく思うし、驚いてもいる。特別料金にしていることも入園者が多い要因の一つだと思う」と語った。

 海業管理センターでは開園初年度の入園者数について、海中観察施設は1万6000人と試算していた。12日で1万人を超えたことを受け、豊見山社長は、入園者数が当初試算を上回ることは予想していたとした上で「年間、5、6万人を目指したい」との考えを示した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!