08/17
2022
Wed
旧暦:7月20日 友引 壬 
社会・全般
2011年4月19日(火)23:42

宮古病院副院長兼医療部長 本永 英治さん(54歳)

明るく健康な島に


本永 英治さん(54歳)

本永 英治さん(54歳)

 「宮古島を明るい健康な島にしたい。島が健康であれば全国から人は集まってくると思う」。宮古病院の新副院長として、住民だけでなく、島そのものが健康になることを訴える。


 積極的に研修医を受け入れて宮古で教育し、これまで45人を受け入れて研修を行い地域医療の重要性、魅力を訴えてきた。

 「宮古は慢性的な医師不足の状態が続いているが、こうして宮古で研修した医師が島に戻ってくることを期待している。宮古の出身者、宮古が好きな医者を全国から集めたい。そのためにも宮古病院が魅力ある病院であることが大切」と述べた。

 充実した地域医療の提供については「医師だけでなく、住民が一緒になって地域の医療を考えることが重要。医師、患者が互いに尊重しあって地域にあった医療を模索していくことが大切」

 本永 英治(もとなが・えいじ)1957(昭和32)年1月25日生まれ。54歳。平良字西里出身。自治医科大学校卒。県立中部病院、八重山病院などを経て1998年宮古病院リハビリテーション科医長、2004年同病院医療部長、11年副院長兼医療部長。昨年、地域医療貢献奨励賞を受賞。趣味はカラオケ、自然散策。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月17日(水)17:18
17:18

宮古島関係の歴史をたどる in 沖縄本島 台湾遭害者之墓

 沖縄本島で、宮古島の歴史を感じることができる場所の1つが那覇市若狭にある「台湾遭害者之墓」です。   ☆関連記事 検証の必要性指摘 牡丹社事件/琉大公開講座(2015年7月26日配信)

2022年8月14日(日)8:59
8:59

宮古ブルーを満喫/家族連れで記念撮影

マリンスポーツも体験/盆休みの観光客   お盆休みを宮古島で過ごそうと、観光地やビーチは観光客でにぎわった。新型コロナウイルス感染収束が見通せない中、3年ぶりに制限行動のないお盆。天気にも恵まれた13日は、伊良部大橋を走るレンタカーが連なった。前浜ビ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!