08/08
2022
Mon
旧暦:7月11日 大安 癸 
社会・全般
2011年5月22日(日)9:00

「台風石」や植物など見学

市民ら東平安名崎を歩く


台風岩や植物などを見学した参加者ら=21日、東平安名崎

台風岩や植物などを見学した参加者ら=21日、東平安名崎

 市総合博物館(奥平徳松館長)で開催中の第17回企画展「東平安名崎の自然と歴史」の関連行事で21日、現地見学が行われた。市民22人が参加し、台風石(岩塊)や津波石(同)、植物、パナリに住む鳥などを観察。講師は地質学に詳しい安谷屋昭さんと、市教育委員会の佐藤宣子さんが務めた。


 岬の東端では、岩塊群が見られる。その一つが「マムヤの墓」と呼ばれる岩。推定重量は180㌧。安谷屋さんは「海面が現在より10㍍以上も高かったころ、台風の高波によって横転移動したと思われる。形成年代は、10~11万年前と推定される」と話した。

 岩肌が摩耗し丸みを帯びた岩については「高波より強力な大津波によって海底の回転石が打ち上げられた可能性が大きい」と推測。岩に付着するサンゴ片の年代推定の結果、1771年の明和の大津波以前に数回の津波があったとみられるという。

 参加した男性は「自然の力、水のパワーを実感した」と感想を語った。

 参加者らは、望遠鏡をのぞきパナリ岩礁一帯を飛び回るアジサシを観察した。同所は、アジサシの貴重な繁殖地。今後は保護のために、繁殖期の立ち入りを禁止することが望まれるとしている。

 自生する植物のうち、テンノウメ群落は、日本最大規模。希少種のミヤコグサやインドカズラも特徴的な植生という。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!