08/08
2022
Mon
旧暦:7月11日 大安 癸 
産業・経済 社会・全般
2011年5月28日(土)9:00

台風接近に農家危機感

マンゴー、葉タバコの被害懸念


強風対策を行うマンゴー農家=27日、宮古島市下地

強風対策を行うマンゴー農家=27日、宮古島市下地

 台風2号の宮古島地方への接近を受けて、農作物を生産する農家は27日、強風対策に追われた。本格的な収穫を40日後ごろに控えたマンゴー生産農家はハウスの補強作業を開始。台風が直撃の場合は大きな被害が予想されるため、台風の進路や勢力に神経をとがらせている。


 平良底原のマンゴーハウスでは、持ち

疫病被害と見られる葉タバコ。台風接近でさらに被害が広がると懸念されている=27日、宮古島城辺

疫病被害と見られる葉タバコ。台風接近でさらに被害が広がると懸念されている=27日、宮古島城辺

主の下地満雄さんがハウスのビニールにひもを掛けて押さえる作業を行い、強風に備えた。

 ハウスは風速60㍍にも耐える構造だが、30㍍を超えると対策をしてもビニールがはがれるという。

 下地さんは「進路が宮古をそれるか台風の勢力の衰えを願うしかない。直撃の場合は全滅になる」と話した。

 上野のハウスでは暴風ネットの被覆や実の打撲、こすれを防止する特殊なネットで実を包む作業を行った。持ち主の男性は「農業は自然との勝負なので厳しい面がある。ぎりぎりまでやれるだけのことをやるしかない」と表情を引き締めた。

 宮古島地方気象台によると、強い台風の接近は9月ごろに多いとしており、マンゴーが実る5月に接近するのは珍しいという。

 マンゴーと同様、大きな被害が懸念されているのが葉タバコ。施設栽培ではないため台風の影響をそのまま受けることになる。

 城辺の農家は「すでに干ばつや台風、長雨の影響をもろに受けているので厳しい。台風2号が直撃すると葉は飛ばされてしまう。どうしようもない」と肩を落とした。

 葉タバコは台風1号や長雨の影響を受けて宮古各地で疫病被害が発生し、生育に悪影響を与えている。台風2号が直撃すれば高収入になる合葉にも被害が出るため、生産農家をはじめ関係者が強い危機感を示している。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!