08/08
2022
Mon
旧暦:7月11日 大安 癸 
社会・全般
2011年6月18日(土)9:00

被災地での体験報告/市社協主催

西さん(県ボランティア市民活動支援セ)ら現地で活動


大震災後のボランティアについて真剣に聞き入る参加者ら=17日、市社会福祉センター

大震災後のボランティアについて真剣に聞き入る参加者ら=17日、市社会福祉センター

 「学校・地域・社協の連携で豊かな活動を育むボランティア活動」をサブテーマにした市社会福祉協議会(川満省三会長)主催の市ボランティア連絡会が17日、城辺の市社会福祉センターで開かれた。市民ら約50人が参加。東日本大震災の被災地へ出向したボランティア2人が目で見、感じたことを全員で共有した。今後のボランティア活動に生かしていくことを確認した。


 大震災後、現地入りした県ボランティア・市民活動支援センターの西智子さんが「被災地へ出向き見たこと、感じこと」と題して発表し、市生活福祉課地域福祉係の砂川英之さんが、現地の状況などを発表した。

 西さんは「被災者主体の支援とは『泥を見ずに人を見る』(被災者に寄り添うこと)が大事。壊れた物でも被災者にとっては捨てきれない思い出がある」と被災者への思いやりの心を強調した。

 西さんは「大震災・災害の特徴は、地震・津波、水害、地震、原子力発電事故が折り重なっている。余震・原発事故など経過中で、先が見えない」と強調した。

 西さんは災害時のボランティア活動の視点として▽自発的な意志と責任による活動▽基本は自己完結▽安全に心掛ける▽現地の災害ボランティアセンターへの登録▽自分の想いを仲間と振り返ろう▽被災者主体の活動-と挙げた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!