08/14
2022
Sun
旧暦:7月17日 大安 己 
産業・経済 社会・全般
2011年6月28日(火)9:00

「よね丸」が最終航海/南西海運

27年間無事故、無災害


関係者らが見守る中、よね丸は那覇新港へ出航した=27日、平良港

関係者らが見守る中、よね丸は那覇新港へ出航した=27日、平良港

 鉄道建設・運輸施設整備支援機構と南西海運(本社・那覇市、下地米蔵社長)が所有する貨物船「よね丸」(499㌧、手登根徹船長、乗組員6人)が27日午後5時、最終航海で那覇向け平良港を出港した。きょう28日午前8時ごろ、母港の那覇新港(通称安謝港)に入港し、21年の無事故・無災害の業績を残して退役する。新造船「よね丸」(749㌧)は7月22日に平良港に入港予定。新よね丸は現役よね丸より積載貨物重量が600㌧多く積載することから、宮古の農水産物などの輸送増量が期待されている。


 現役よね丸は1990年9月、那覇-宮古-石垣航路で運航開始。先島の生活物資や建築資材などの輸送に威力を発揮した。20フィートコンテナを96個積載。2008航海を記録し、地球の一周4万㌔を44周したとしている。進水から今年で21年を迎え、老朽化が進んでいることから代替船の建造が進められていた。

 新造船「よね丸」は今年5月13日、大分県三浦造船所で進水式を終え、現在はエンジンの調整やお色直し中。船体色は現役「よね丸」がグリーン色に対し、新造船はオレンジ色。20フィートコンテナの積載個数は現役「よね丸」より32個多い128個。

 平良港のセレモニーでは、同海運の下地米一会長らが参加。同海運宮古代理店で平良港運の女子職員が、手登根船長に花束を贈呈した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月11日(木)8:57
8:57

2次交通不足解消に期待 実証運行スタート/ループバス

  宮古島の観光名所などを巡る宮古島ループバスの2022年度実証運行が10日、スタートした。来年2月28日まで。最近のレンタカー、タクシー不足による2次交通問題が深刻化していることに対応するもので観光客の移動手段確保などに期待がかかる。

2022年8月9日(火)8:58
8:58

毎週土曜に「シギラ花火」

夏の夜空を彩る/9月末まで   シギラセブンマイルズリゾートの「シギラ花火」が6日、上野宮国のシビラビーチ周辺で行われた。毎日暑い日が続く今年の夏。会場では観光客や地域住民が夜空を彩る花火を見ながら楽しいひとときを過ごした。 今年のシギラ花火は、児童…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!