08/15
2022
Mon
旧暦:7月18日 赤口 庚 
社会・全般
2011年7月13日(水)9:00

救命胴衣着用し高台に/池間幼小中

津波想定し避難訓練


救命胴衣を着て高台に向かい足早に移動する児童生徒ら=12日、池間島

救命胴衣を着て高台に向かい足早に移動する児童生徒ら=12日、池間島

 池間幼小中学校(下地政昭校長)で12日、全校生徒41人と教職員が参加して、授業中に地震が発生し、津波の恐れがあるという想定で避難訓練が行われた。午前10時40分、地震発生の緊急校内放送で、各クラスの生徒たちは机の下に避難。揺れが収まるのを待って、救命胴衣をかぶって頭部を守りながら一斉に避難した。


 学校の西側にある池間集落内の高台に約6分で避難した。避難場所の標高は約10㍍。県の防災計画で想定しているマグニチュード7・4の石垣島東方沖地震が起きた場合、宮古島への津波到達は約10分後と想定している。

 訓練に参加した市防災・危機管理係の川満秀海主幹は訓練後に「てきぱきと行動し、緊張感を持って足早に避難できた。大変良かったと思う」と講評した。

 下地校長は「命を守るための訓練なので、真剣に行動することが大切。避難しながら少し話し声が聞こえたこと以外は大変良くできた」と話した。

 同中生徒会長の奥濱貴君(2年)は「移動中に話をしたことを反省している。次はやらないようにする」と訓練の感想を述べた。

 池間幼小中は海沿いで標高80㌢の所にある。3月11日の東北地方太平洋沖地震発災後、これまでプールの倉庫に保管していた救命胴衣を各クラスに常備するなど、防災・減災の対応に努めている。

 下地校長は「海が近いという特殊な条件の学校なので、発災時にはきちんと避難ができるように毎年訓練を実施したい」と話した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月14日(日)8:59
8:59

宮古ブルーを満喫/家族連れで記念撮影

マリンスポーツも体験/盆休みの観光客   お盆休みを宮古島で過ごそうと、観光地やビーチは観光客でにぎわった。新型コロナウイルス感染収束が見通せない中、3年ぶりに制限行動のないお盆。天気にも恵まれた13日は、伊良部大橋を走るレンタカーが連なった。前浜ビ…

2022年8月14日(日)8:58
8:58

14日からの公務開始発表/第48代ミス宮古島

夏まつり延期で観光協会   宮古島観光協会の吉井良介会長らは12日、会見を開き、14日を開催日としていた宮古島夏まつりが延期されたことにより、まつり内で実施予定だった第48代ミス宮古島発表会が同日に行えなくなったものの、14日から第47代から第48代…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!