08/08
2022
Mon
旧暦:7月11日 大安 癸 
社会・全般
2011年7月19日(火)9:00

宮古・ドイツの相互理解を

日独交流150周年記念で/駐日ドイツ大使が講演


市民と原発問題や新エネなどドイツのエネルギー政策について説明したシュタンツェル大使=18日、市中央公民館

市民と原発問題や新エネなどドイツのエネルギー政策について説明したシュタンツェル大使=18日、市中央公民館

 ダンケフェスト2011出席のため宮古島市を初訪問したフォルカー・シュタンツェル駐日ドイツ大使が18日、市中央公民館で、「日独交流150周年とその意義」と題して講演した。ドイツの通商条約などの歴史経緯に触れ、日独間のみならず、宮古との民間交流などの重要性を強調し集まった市民との相互理解を深めた。


 シュタンツェル氏は、ドイツ語圏で構成していた中世のハンザ同盟時代にさかのぼって、通商や商船の歴史を説明。1860年にはイギリス、アメリカに続き、オイレンブルク伯爵が率いたプロイセン東方アジア遠征隊が江戸沖に来航し、翌61年には江戸幕府と「日独修好通商条約」が結ばれたにより、今年が日独関係150周年に当たることを解説した。

 また、ドイツ商船が宮古島上野宮国沖で遭難した同年、岩倉具視使節団がドイツを訪問したことや、福沢諭吉が使節団としてドイツを訪れた際、武器技術の輸入よりも「学ぶ」ことの重要性を認識したことを強調。理念や精神性の理解が両国間にとって重要であるとし、①市民同士の関係が政府間関係よりも大事②学術的側面の重要性-が相互理解の重要なファクターになるとして、「個々人がしっかりした判断力を持つことが両国間の友好につながった」と述べた。

 市民からは、ドイツとアメリカとの関係や、ドイツの原子力事情などの質問が出され、シュタンツェル大使は3月11日の東日本大震災発生以降、ドイツのエネルギー政策も大きな転換期に入り、「安全な原発は存在しないということをドイツ国民は分かってきた」と説明するなど、市民からの質問に丁寧に答えていた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!