08/18
2022
Thu
旧暦:7月21日 先負 癸 
社会・全般
2011年7月26日(火)9:00

平良、北が金賞に輝く/県吹奏楽コン中学Aパート

両校とも連続受賞


5年連続で金賞を受賞した平良中吹奏楽部のメンバー=25日、宮古空港

5年連続で金賞を受賞した平良中吹奏楽部のメンバー=25日、宮古空港

 第51回県吹奏楽コンクール・第56回九州吹奏楽コンクール県予選(主催・県吹奏楽連盟など)で金賞を受賞した平良中と北中の両吹奏楽部のメンバーが25日帰島し、学校関係者から祝福を受けた。九州大会への出場は惜しくも逃したが、平良は5年連続、北は4年連続の金賞。宮古地区のレベルの高さを示すとともに、後輩たちが着実に伝統を引き継いでいることをうかがわせた。


4年連続で金賞を受賞した北中吹奏楽部のメンバー=25日、宮古空港

4年連続で金賞を受賞した北中吹奏楽部のメンバー=25日、宮古空港

 同コンクールは21~26日まで宜野湾市の沖縄コンベンションセンター劇場棟で行われる。

 中学校Aパートの部には県内から65校が参加。平良、北はコンクール3日目の23日に登場し、日ごろの練習の成果を発揮した。

 宮古空港には、教師や保護者、友人らが「金賞おめでとう」と書かれた横断幕で出迎えた。

 報告会で平良中吹奏楽部長の嘉数結実さん(3年)は「金賞と呼ばれた時はうれしかった。先生や家族の人たちに感謝を込めながら、悔いのない演奏をしようと思った。これからも部員全員の気持ちを一つにして練習に励んでいきたい」と話した。

 別の便で到着した北中吹奏楽部も保護者たちが大勢見守る中、空港で金賞受賞の報告を行った。部長の下地百瑛さん(3年)は「中学校生活最後に金賞が受賞できてとてもうれしい。良い思い出になった。これからも後輩たちに指導していきたい」と語った。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月17日(水)17:18
17:18

宮古島関係の歴史をたどる in 沖縄本島 台湾遭害者之墓

 沖縄本島で、宮古島の歴史を感じることができる場所の1つが那覇市若狭にある「台湾遭害者之墓」です。   ☆関連記事 検証の必要性指摘 牡丹社事件/琉大公開講座(2015年7月26日配信)

2022年8月14日(日)8:59
8:59

宮古ブルーを満喫/家族連れで記念撮影

マリンスポーツも体験/盆休みの観光客   お盆休みを宮古島で過ごそうと、観光地やビーチは観光客でにぎわった。新型コロナウイルス感染収束が見通せない中、3年ぶりに制限行動のないお盆。天気にも恵まれた13日は、伊良部大橋を走るレンタカーが連なった。前浜ビ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!