08/08
2022
Mon
旧暦:7月11日 大安 癸 
社会・全般
2011年7月28日(木)9:00

酒気帯び運転検挙急増/宮古島署管内

6、7月 昨年同期を上回る


 宮古島警察署管内の酒気帯び運転検挙が急増している。5月までは昨年を下回る数値だったが6、7月で急増し、7月26日現在で検挙数は75件。昨年同期の65件を10件上回っている。6月と7月26日までの検挙数は44件で、そのうち23件は朝の取り締まり時における検挙。同署では「6、7月は朝の取り締まりでの検挙が多い。酒が体内に残ったまま運転しても酒気帯び運転になる。酒が残っていると思ったら絶対に運転しないでほしい」と呼び掛けた。


 同署管内の昨年の酒気帯び運転検挙数は112件。2009年の60件から大幅に増加していた。
 今年は5月まで前年を下回るペースで推移していたが、6、7月で急増し、一気に前年同期比を上回った。

 6月の件数は17件で、前年同月の5件を12件上回った。7月は26日現在で27件となり、前年同月の3件から9倍となった。

 6、7月の検挙のうち、6月の10件、7月の13件が朝の検挙となっており、両月とも半数以上が朝の取り締まりによるものとなっている。

 朝の検挙は、いわゆる二日酔い運転によるもので昨年は1年間で14件だったが、今年は7月だけで13件となっている。

 同署では「これからも朝の取り締まりは強化していく。今後、夏の各種イベントなども予定され、飲酒の機会も増えると思うが酒を飲む場合は節度ある飲酒を心掛けてほしい」と述べた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!