08/14
2022
Sun
旧暦:7月17日 大安 己 
社会・全般
2011年7月30日(土)9:00

避難経路を地図に記載/宮古島署

ハザードマップ審査会 地域に即した住民誘導へ


交番、駐在に勤務する署員が作成した担当地域のハザードマップの審査会=29日、宮古島警察署

交番、駐在に勤務する署員が作成した担当地域のハザードマップの審査会=29日、宮古島警察署

 宮古島警察署(島袋令署長)のハザードマップ審査会が29日、同署で行われた。各交番、駐在で勤務する署員がそれぞれの担当地域のハザードマップを手作りで作成。避難ルートや標高の高い地域、避難施設などを分かりやすく地図に記載した作品25点が展示され、関係機関の代表が審査を行った結果、西交番の前泊亮警部補が作成した「久松地区(久貝・松原)」のハザードマップが最優秀賞に選ばれた。


 最優秀賞のハザードマップは3階以上の建物が写真で紹介されているほか、同地区における標高の高い場所を色分けし、標高の低い久松地区はその場所を目指すよう大きな矢印でわかりやすく避難経路が示されている。

 前泊警部補は「自分で高い建物の写真を撮って掲載した。わかりやすいマップになるように心掛けた」と話した。

 審査基準は、見た目にわかりやすいか▽避難場所、方向を的確に表現しているか▽配色、イラストなどを工夫し、見る者の目を引くマップになっているか-などについて審査された。

 審査会では、同署の署長、副署長、各課の課長のほか気象台、消防、海上保安署県などの代表が審査員として25点の作品を審査した。

 同署では最優秀賞の前泊警部補作成のハザードマップを署の統一ハザードマップ形式とし、その作品に準じたハザードマップを各交番、駐在所勤務員で作成して署のハザードマップとして10月ごろまでには完成させる予定。

 完成したマップは地域住民への情報発信に活用する。

 今回の取り組みは、3月11日の東日本大震災を受け、津波発生時における住民の避難経路および警察官による避難誘導を円滑に行うため、地域で活動を行う警察官が担当地域のハザードマップを自ら作成することで地域の実態に即した内容になることから、同署が独自の取り組みとして実施した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月11日(木)8:57
8:57

2次交通不足解消に期待 実証運行スタート/ループバス

  宮古島の観光名所などを巡る宮古島ループバスの2022年度実証運行が10日、スタートした。来年2月28日まで。最近のレンタカー、タクシー不足による2次交通問題が深刻化していることに対応するもので観光客の移動手段確保などに期待がかかる。

2022年8月9日(火)8:58
8:58

毎週土曜に「シギラ花火」

夏の夜空を彩る/9月末まで   シギラセブンマイルズリゾートの「シギラ花火」が6日、上野宮国のシビラビーチ周辺で行われた。毎日暑い日が続く今年の夏。会場では観光客や地域住民が夜空を彩る花火を見ながら楽しいひとときを過ごした。 今年のシギラ花火は、児童…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!