08/18
2022
Thu
旧暦:7月21日 先負 癸 
社会・全般
2011年8月1日(月)9:00

南静園に学び舎の碑建立/稲沖小中学校

「歴史伝える一助に」


関係者によって除幕された「学び舎の碑」=7月30日、宮古南静園

関係者によって除幕された「学び舎の碑」=7月30日、宮古南静園

 宮古南静園に入所していた子どもたちが、1981年に閉校になるまでの間、園内で学んだ「稲沖小中学校」の記念碑「学び舎の碑」の除幕式が7月30日、宮古南静園で行われた。稲沖小中学校は35年にその前身「八重菱学園」が設立されてから46年間、国の誤ったハンセン病隔離政策で公の教育を受けられなかった子どもたちの「学ぶ場」として園内に設立された。


 碑の建立は園内に学びやがあったことを伝えると共に、南静園の歴史やハンセン病隔離政策の過ちを繰り返さないための一助になってほしいのと願いが込められている。

 除幕式で「学び舎の碑」建てる会の知念正勝代表は「今では学びやをしのばせる物は何も残っていないが、碑を建立して南静園にも学びやがあったこと、関係者の心のよりどころとして、また園の歴史の一ページとして残すことは意義あることと思う」とあいさつした。南静園の新城日出郎園長は「卒業生や入所者の皆さんには昔をしのぶよすがとして、私たちや後世の人たちには歴史を検証する資料として、大切に保存していきたい」と祝辞を述べた。

 このほか南静園入所者自治会の宮里光雄会長と元稲沖校教職員の会世話人の下地昭五郎さんがあいさつ。川上哲也教育長、県立宮古特別支援学校の伊波満校長が祝辞を述べた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月17日(水)17:18
17:18

宮古島関係の歴史をたどる in 沖縄本島 台湾遭害者之墓

 沖縄本島で、宮古島の歴史を感じることができる場所の1つが那覇市若狭にある「台湾遭害者之墓」です。   ☆関連記事 検証の必要性指摘 牡丹社事件/琉大公開講座(2015年7月26日配信)

2022年8月14日(日)8:59
8:59

宮古ブルーを満喫/家族連れで記念撮影

マリンスポーツも体験/盆休みの観光客   お盆休みを宮古島で過ごそうと、観光地やビーチは観光客でにぎわった。新型コロナウイルス感染収束が見通せない中、3年ぶりに制限行動のないお盆。天気にも恵まれた13日は、伊良部大橋を走るレンタカーが連なった。前浜ビ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!