08/18
2022
Thu
旧暦:7月21日 先負 癸 
社会・全般
2011年8月13日(土)9:00

旅客船に「がんばろう!日本」/宮古フェリー

「うぷゆう」と「ゆうむつ」 被災地の早期復興願い


宮古フェリーは被災地の早期復興を願って保有船に「がんばろう!日本」のメッセージをペイントして運航している=12日、平良港の離島航路発着場

宮古フェリーは被災地の早期復興を願って保有船に「がんばろう!日本」のメッセージをペイントして運航している=12日、平良港の離島航路発着場

 宮古フェリー(新垣盛雄社長)では、保有する高速船旅客船「うぷゆう」とフェリー「ゆうむつ」に大きく「がんばろう!日本」のメッセージをペイント。被災地の早期復興を願いながら平良-佐良浜間で運航している。


 「うぷゆう」は先月末に沖縄本島でドック入りした際に、このメッセージを船体両側面にペイント。メッセージ入りの船舶は9日から就航している。

 「ゆうむつ」は、6月のドック入りの際に船体前部にメッセージをペイントした。

 新垣社長は「被災した人たちが早く元気になってほしいと思ってこのメッセージを船体に入れようと決めた。宮古には多くの観光客が訪れ伊良部に渡る観光客もこの文字を見ると思う。遠く離れた宮古でも被災地の復興を願う気持ちを持っているということを多くの人に知ってもらいたい」と話した。

 「うぷゆう」に乗り込む乗客たちは、すぐに目に入る「がんばろう!日本」のペイントに驚いた様子で見入っていた。

 船体に記されたメッセージを見た乗客からは「船には毎日たくさんの人が乗るので常にこの文字を毎回見ることで、被災地を応援する気持ちがさらに強くなると思う」との感想が聞かれた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月17日(水)17:18
17:18

宮古島関係の歴史をたどる in 沖縄本島 台湾遭害者之墓

 沖縄本島で、宮古島の歴史を感じることができる場所の1つが那覇市若狭にある「台湾遭害者之墓」です。   ☆関連記事 検証の必要性指摘 牡丹社事件/琉大公開講座(2015年7月26日配信)

2022年8月14日(日)8:59
8:59

宮古ブルーを満喫/家族連れで記念撮影

マリンスポーツも体験/盆休みの観光客   お盆休みを宮古島で過ごそうと、観光地やビーチは観光客でにぎわった。新型コロナウイルス感染収束が見通せない中、3年ぶりに制限行動のないお盆。天気にも恵まれた13日は、伊良部大橋を走るレンタカーが連なった。前浜ビ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!