08/08
2022
Mon
旧暦:7月11日 大安 癸 
環境・エコ 社会・全般
2011年8月26日(金)9:00

宮古で2件の測定依頼/放射能汚染腐葉土

県、機器を追加購入


 【那覇支社】県内で販売された栃木県産腐葉土から最大で1㌔当たり放射線量1万7500ベクレル、毎時1・14マイクロシーベルトの高濃度放射性セシウムが検出された問題で25日、汚染腐葉土の販売が判明したメイクマン(本社・浦添市)は県に対し、宮古で2件の放射能測定調査を依頼したことを明らかにした。


 同社によると、宮古では県が汚染を発表した「刀川平和農園腐葉土14㍑」の販売はなかったが、同5㍑入りを販売した。不測の事態が生じないよう同商品の自主回収を進めている。24日現在で宮古店には13件の問い合わせがあり、うち2件は使用済みであったため、同社が県に調査を依頼した。


 同社には24日だけで県内全店舗から約800件の問い合わせがあり、このうち118袋を回収。同商品は沖縄本島にある同社倉庫で保管しているという。
 測定調査を進めている県農水部営農支援課によると、25日現在で約150件の調査依頼があり、放射能測定装置(サーベイメータ)が不足し対応に追われている状況。県は同測定機器を新規購入し、県宮古農林水産振興センター農業改良普及課に備える予定だ。


 県によると、同腐葉土による直接的な健康被害の発生は極めて低いが、汚染土を直接口に入れた場合などの被害が考えられることから、同腐葉土を使用した畑や花壇には足を踏み入れないよう注意喚起している。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!