08/15
2022
Mon
旧暦:7月18日 赤口 庚 
社会・全般
2011年9月16日(金)9:00

「花の王国」への第一歩/市熱帯植物園

世界的な庭師、石原さん施行


完成した庭園=15日、市熱帯植物園全景

完成した庭園=15日、市熱帯植物園全景

 「宮古花の王国」づくりの第一歩-。市熱帯植物園のリニューアル事業が終了し、完成レセプションが15日、同所で行われた。世界的な庭師として知られる石原和幸さんが施工。植物園正面入り口の東側広場に水辺を創出し、周囲に熱帯植物や花木など100種類以上を植栽した。市民の憩いの場や新たな観光スポットとして期待されている。



記念植樹を行う石原さん(右)と関係者ら=15日、市熱帯植物園

記念植樹を行う石原さん(右)と関係者ら=15日、市熱帯植物園

 大小の池には高台から水を流し、せせらぎが聞こえる癒やしの空間を演出した。周囲に台風に強い植栽された花木を植え、年間を通して四季折々の花を楽しめる工夫がされている。事業費は3000万円。

 式典で下地敏彦市長は「お披露目でき、本当に喜ばしい。市民が楽しく過ごせる憩いの場を提供していきたい」と完成を喜んだ。

 石原さんは、英国の国際ガーデニングショーで3年連続ゴールドメダルを受賞するなど、世界的な庭師として活躍している。石原さんは「ここから花に対する機運が高まり、宮古が日本一の花の王国になることを期待する」と話した。

 花の王国事業は、宮古島を花と緑でいっぱいにする島づくり計画書に基づくもの。宮古空港の緑化を図る「花の宮古空港整備」、「河津桜の花見公園整備」などが盛り込まれている。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月14日(日)8:59
8:59

宮古ブルーを満喫/家族連れで記念撮影

マリンスポーツも体験/盆休みの観光客   お盆休みを宮古島で過ごそうと、観光地やビーチは観光客でにぎわった。新型コロナウイルス感染収束が見通せない中、3年ぶりに制限行動のないお盆。天気にも恵まれた13日は、伊良部大橋を走るレンタカーが連なった。前浜ビ…

2022年8月14日(日)8:58
8:58

14日からの公務開始発表/第48代ミス宮古島

夏まつり延期で観光協会   宮古島観光協会の吉井良介会長らは12日、会見を開き、14日を開催日としていた宮古島夏まつりが延期されたことにより、まつり内で実施予定だった第48代ミス宮古島発表会が同日に行えなくなったものの、14日から第47代から第48代…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!